« 朝から大泣き | トップページ | いつもの土曜日でありたいが・・・ »

2017.06.30

最近読んだ本一覧494

●「風の谷のナウシカ1」 1984年7月
 「風の谷のナウシカ2」 1983年8月
 「風の谷のナウシカ3」 1984年12月
 「風の谷のナウシカ4」 1987年3月
 「風の谷のナウシカ5」 1991年5月
 「風の谷のナウシカ6」 1993年11月
 「風の谷のナウシカ7」 1994年12月
   アニメージュ・コミックス・ワイド版
  著者:宮崎駿  徳間書店
    
    
    
    
    
    
    


  -----
  中学生くらいの頃に、1~4を読んだことが
  あり、尻切れトンボのまま。
  映画とは全然違うストーリーだということは
  憶えていたのですが、こんな難しいストーリー
  だったとは…。

  映画は2巻の前半位までをまとめたものですが、
  ここまでの展開もちょっと違う。
  形ある巨神兵も出てこないし。

  映画のシーンと同じシーンではセリフの
  声を想像できるし、サントラも思い浮かびます。


●「モモンガの件はおまかせを」 著者:似鳥鶏  文藝春秋 2017年5月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    お馴染みの楓ヶ丘動物園の飼育員たち
    --大型哺乳類担当の僕(桃本)、
    げっ歯類担当の七森さん、ツンデレ
    獣医の鴇先生、そしてカルト的人気、
    爬虫類担当の変態・服部くん
    --が、動物たちにまつわる謎を解き
    明かす、人気ミステリーシリーズ最新刊!

    ・楓ヶ丘動物園飼育員たちが休日に
    バーベキュー、僕と服部くんは買出しに
    出かける。犬の散歩をしている男に
    道を訪ねたのだが、連れていた
    柴犬の様子に僕は不審を抱く。
    (「いつもと違うお散歩コース」)

    ・七森さんに憧れるボランティア少年
    長谷井翼君の友人・今成君の家猫
    スコティッシュフォールドのトビーが
    男に連れ去られたという。トビーは
    夜帰ってきたのだが、オートロックで
    密室の家に、男はどうやって侵入し、
    トビーを連れ出したのか?
    (「密室のニャー」)

    ・楓ヶ丘動物園飼育員メンバーの面々
    が、警察署から連れ立っての帰り道、
    僕の頭部にフクロモモンガが飛来して
    きた。どうも古いアパートの二階から
    逃げたらしいのだが、部屋の様子が
    おかしい。ドアを開けたところ、
    そこには部分的にミイラ化した死体
    が……。ケージもあり、ここで飼われ
    ていたことは間違いないのだが、
    いったい誰が何の目的で死体のある
    部屋でモモンガ(モモモ氏)の世話を
    していたのか?
    (「証人ただいま滑空中」)

    体長は最低でも1メートル、体重も
    最低50キロという謎の大型生物が
    山の集落に出現。その「怪物」を
    閉じ込めたと聞いて向かった廃屋は
    もぬけのからだった。「怪物」は
    どうやって抜け出したのか?
    考え込んでいた鴇先生の顔が
    蒼ざめる……。(「愛玩怪物」)

    【目次】
    いつもと違うお散歩コース/
    密室のニャー/証人ただいま滑空中/
    愛玩怪物

  -----
  いつも通りの楽しい動物園のメンバ。
  似鳥さんの注釈やあとがきも毎回
  楽しみです。


●「キュンとしちゃだめですか?」 著者:益田ミリ  文藝春秋 2013年7月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    歩道、電車の中、映画館、ラーメン屋の前、
    コンビニのレジ周辺、その他もろもろ。
    あなたの「キュン」はどこに隠れてる?
    甘酸っぱいときめき満載のイラストエッセイ。

    【目次】
    サラリーマンにキュン/街中でキュン/
    あのセリフにキュン/
    そのリアクションにキュン/
    さらっとしたキュン

  -----
  日常の日常、ホントに身近なことで
  キュンとしたことをまとめたエッセイです。
  ホントになんでもないことばっかり
  なんですけどね。


●「ラジオ・ガガガ」 著者:原田ひ香  双葉社 2017年5月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    喜びも哀しみも、いつもラジオが
    傍にいてくれた。夢破れ、逃げる
    旅路の果てで聴いた【オードリーの
    オールナイトニッポン】。
    ケアハウスで暮らすラジオ歴35年の
    老女は、今夜も【深夜の馬鹿力】に
    胸をときめかす
    --など、実在する人気ラジオ番組に
    耳を傾ける人々の姿を描く連作5篇。

    人生で大切なことはすべて深夜の
    ラジオが教えてくれた。夜更けに、
    ラジオのスイッチを入れる。きょうも
    一日、いろいろあった。みんな、
    どんな事情を抱え、なにを考える?
    私たちは、精いっぱい生きている。
    実在するラジオ番組に耳を傾ける人々
    の人生を切り取った哀歓5篇。

    【目次】
    三匹の子豚たち/アブラヤシのプランテーションで/
    リトルプリンセス二号/昔の相方/
    We are シンセキ!/
    音にならないラジオ

  -----
  ・三匹の子豚たち
    一人暮らしをやめ、ケアハウスで
    暮らすことにした老女。
    三人の息子がいるが、2人目の後に
    流産した娘のことをきっかけで、
    ラジオを聞くようになる。

  ・アブラヤシのプランテーションで
    就職したが、うまくいかない生活。
    大学時代にラーメン屋でバイトを
    したことがあるのがきっかけで
    大学時代の先輩に声をかけられ
    シンガポールでラーメン屋を開くことに。
    日本を離れるときに、友人が選別の
    iPodに入れてくれたラジオを聞く。

  ・リトルプリンセス二号
    ラジオシナリオを描いている主婦。
    ネットで「花ゲリラ」という活動を知り
    参加する。

  ・昔の相方
    主人公の旦那の大学時代の友人がお笑い
    コンビとして人気が爆発した。
    旦那は友人が売れないころ、金銭的な
    援助をしていたこともあるが、その
    ことをラジオで「マヌケな男」として
    笑い話にされる。

  ・We are シンセキ!
    女子高生が主人公。
    悩み相談のラジオ番組に、
    同じ高校の友だちがチアリーディグの
    クラブ内でいじめがあり、それを
    放置しておくことができないと相談する。
    しかしその相談者がいじめの首謀者。

  ・音にならないラジオ
    シナリオライターを目指す男性。
    とありシナリオコンテストで最優秀賞を
    獲得し、担当者に何作ものプロットを
    提出するが却下ばかり。
    彼女にももうそろそろ定職について、
    結婚してほしいと言われる。
    主人公はもう一度同じシナリオコンテストに
    シナリオを提出する。

  --
  小中高生の頃は、深夜番組を録音して
  よく聞いていたな。
  とんねるずのオールナイトニッポンを
  120分テープに。
  A面とB面の切り替えの時に、録音
  されていない箇所が惜しかった。
  懐かしい。

  最後の「音にならないラジオ」は
  寂しいラスト。
  ハッピーエンドにしてほしかったな。


●「サムライせんせい 1」 2014年11月
 「サムライせんせい 2」 2015年9月
   著者:黒江S介  リブレ
    
    

  ~Amazon.co.jpの商品説明から引用~
    「サムライせんせい 1」
     ちょんまげ頭に着物で颯爽闊歩する
     ぼくらの先生は、お侍。
     なぜだか分からないけど、幕末から
     やってきたらしい?
     見慣れぬ文明に右往左往する先生は、
     町の皆さんの好奇の目に晒されて……。

     笑いあり、感動ありの侍タイムスリップ!

    「サムライせんせい 2」
     江戸時代の牢獄の中から、平成の世に
     タイムスリップ!!

     居候先で学習塾の手伝いをする
     武市半平太であったが、周囲に馴染め
     ないまま日々は過ぎてゆく……。
     そんなある日、生徒達の危機に直面!!
     半平太は不審者を倒し、無事生徒
     たちを救えるのか--?

  -----
  図書館司書さんに、返却された本で
  所蔵してる図書館に移送するので
  読まないかと勧められた本。
  「面白いか?」と聞くと、「映像化も
  されているし、今度、映画にもなる」
  と。
  その後すぐに、高知でロケがされると
  知りました。

  読んでみると面白い!
  正直歴史は苦手なので、武市半平太が
  何をした人なのか、詳しくは
  知らなかったので、勉強になります。

  3、4巻も楽しみですし、映画が高知で
  先行上映されるみたいなので、見に行きたいです。


●「田中角栄 「情」の会話術
  -相手を熱くし、人を動かす言葉の極意-」
  著者:向谷匡史  双葉社 2016年7月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    没後20年を超えて今なお、私たち
    の心を揺さぶる田中角栄の言葉。
    1000人を超す聴衆を一瞬で
    惹きつけ、長年の政敵ですら絡め
    取ってしまう、言葉の魔術はいかに
    して生み出されたのか?
    単なるレトリックやコミュニケーション
    術を超えた、角栄の“名言力”の肝を
    作家・向谷匡史が「情(じょう)」を
    キーワードに読み解く。
    「ウソはつくな、夢を熱く語れ」
    「相手が聞きたいことを第一声で放つ」
    「“なぜならば”の説明は回転木馬方式で」
    「ミエミエのお世辞にしない
     『誉め言葉』の鉄則」
    「挫折や失敗を自己PRに使う」
    「断る時ときはハッキリと、誠意をもって」
    「愚問をテコにして、相手を取り込む」
    「響く言葉は本気の気配りから生まれる」
    などなど、今この瞬間から使える
    「角栄流言葉の極意」が満載!
    大好評『田中角栄 相手の心をつかむ
    「人たらし」金銭哲学』に続く第二弾。

  -----
  最近、田中眞紀子さんの「父と私」を読んで、
  田中角栄さんについてもっと知りたくなり、
  手に取りました。
  人を引き付ける話し方、内容。
  勉強になります。


●「ピエロがいる街」 著者:横関大  講談社 2017年5月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    兜市役所の秘書課に勤務する比南子
    は困っていた。スローガンに
    「開かれた市政、会いに行ける市長」
    を掲げる宍戸市長は、時間さえ空いて
    いればどんな来客でも応対する。
    兜市は製薬会社が工場を国外移転する
    ことが決まり、かつてない財政難に
    陥っていた。市議会では大荒れが
    予想される中、今日も市民は市長に
    会いにくる。
    ところ代わって兜市の駅前。
    就職活動がうまくいかない立花稜が
    ベンチに座って悩んでいると、顔に
    白粉を塗り、真っ赤な口紅を塗っ
    たピエロに話しかけられた。
    「願いごとを一つ、言ってみろ」
    立ち去らないピエロに仕方なく
    就職したいと話すと、稜はピエロに
    雇われることになる。ピエロは毎晩
    困った市民を助けるために活動
    しており、稜はそれを手伝うが……。

    兜市が抱える難題に次々と直面する
    市長とピエロ。ピエロの正体が
    判明したとき、物語は鮮やかに反転する!

  -----
  【登場人物】
  宍戸市長  兜市の市長
  謎のピエロ 兜市をよくするために
        迷子の犬捜しや台風で帰宅できない
        キャンプの子どもらの救出、
        病院の外科医探し、殺人事件の犯人
        探しなどをする
  今西比奈子 宍戸市長の秘書
  立花稜   就職活動中の大学生
        親は部品工場を営むが製薬工場の撤退で
        経営難に。
        ピエロと一緒に行動する中で、
        救急救命士を目指すことにする。
  藤井伶奈  兜市中央病院の看護師
        医師不足で悩む
  城島    新聞記者。ピエロの指示の元、
        田沼援会長殺人事件の謎を追う。
  二本松議員 兜市議会のドン
        議員の弟は建設会社を経営。
  松本江利香 NPO法人の代表で二本松議員の
        推しで次期市長を目指す。
        弟は35年前に公園の遊具の事故で
        死亡。

  --
  最初は、怪我により一線を退いたピエロ(父)
  とその息子のちょっと寂しい描写から始まる。
  地域を点々としてピエロの細々とした収入で
  生活する親子。

  それから場面が一転し、兜市の小さな問題を
  解決していくピエロが登場。
  危機に立たされている宍戸市長とその周りの
  登場人物。
  宍戸市長の後援会長の田沼が殺害される事件も
  発生し、最後に会った宍戸市長が疑われる。
  さらに公費を使ってバリ旅行をしたという疑惑も
  発生。

  一方、謎のピエロは迷い犬を探したり、
  兜市中央病院に東京から中路という外科医を
  連れて着たり、宍戸市長の息子がキャンプに
  行ったが台風で、戻れなくなったため救出に
  向かったりと問題を解決していく。
  田沼後援会長の事件も、35年前に発生した
  公園での遊具の事故が絡んでいることを
  突きとめる。

  犯人を突きとめたとき、その犯人が宍戸市長を
  刺そうとする。そこに現れて、宍戸市長を
  助けるのは…。

  最後は、宍戸市長の息子・幸喜(こうき)が
  大人になり、兜市職員になった場面。
  父・幸蔵が心臓関係で倒れる。母・凜子が
  救急車を呼ぶ。
  そこに到着したのは稜。そして、運ばれるのは
  中央病院。そこには伶奈と中路が。

  すべてが再びつながります。

  ネタバレになりますが宍戸市長=ピエロだと
  思い込んでいました。

  私の感性にぴったりの作品。
  最後の騙された感と、面白さ、さらに涙もあり。
  ★3つです。


●「フォークロアの鍵」 著者:川瀬七緒  講談社 2017年5月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    羽野千夏は、民俗学の「口頭伝承」を
    研究する大学生。“消えない記憶”に
    興味を持ち、認知症グループホーム
    「風の里」を訪れた。出迎えたのは、
    「色武者」や「電波塔」などとあだ名
    される、ひと癖もふた癖もある老人たち。
    なかでも「くノ一」と呼ばれる
    老女・ルリ子は、夕方になるとホーム
    から脱走を図る強者。ほとんど会話が
    成り立たないはずの彼女が発した
    「おろんくち」という言葉に、千夏は
    妙な引っ掛かりを覚える。記憶の森に
    潜り込む千夏と相棒の大地。
    二人を待っていたものは……!

    乱歩賞作家の傑作長編・深層心理ミステリー。

  -----
  川瀬さんの得意(?)とする民俗学を
  題材にした作品。

  千夏の研究を手伝う大地という高校生も
  有名私立高校に進学したものの、
  毒母親に反発し、高校も中退してしまう
  という人物。

  最後は、監禁された小学生2人を見つけるという
  突拍子もないエンディング。
  すごい繋げ方だなぁ。


|

« 朝から大泣き | トップページ | いつもの土曜日でありたいが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71436/65476846

この記事へのトラックバック一覧です: 最近読んだ本一覧494:

« 朝から大泣き | トップページ | いつもの土曜日でありたいが・・・ »