カテゴリー「書籍・雑誌」の522件の記事

2018.05.05

最近読んだ本一覧519

●「図書室のキリギリス」 著者:竹内真  双葉社 2013年6月
    

  ~Amazon.co.jpの商品説明から引用~
    バツイチになったのを機に、
    職探しをはじめた詩織。
    友人の紹介で学校司書に採用されるが、
    彼女にはある特殊な能力があって……。
    本に込められた思いと謎を読み解く
    ブックミステリー。

  -----
  高校の図書室を舞台にした軽いタッチの
  ミステリー。
  本屋さんを舞台にした大崎梢さんの
  「配達あかずきん」とかを彷彿させられます。
  詩織は持ち物から、その持ち物を持った人の
  気持ちを読み取る能力があり、詩織の前に
  勤務していた司書さんの気持ちを読み取り、
  行方が分からなかった前任者を見つけます。
  高校生との本を通じてのふれあいも
  楽しそうな、暖かい作品でした。


●「奇界遺産」 著者:佐藤健寿  エクスナレッジ 2010年1月
●「奇界遺産2」 著者:佐藤健寿  エクスナレッジ 2014年3月

     
  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    フォトグラファー、佐藤健寿が
    過去五年に渡って世界を股にかけ、
    撮影・取材した世界の奇妙な
    人・物・場所。中国の洞窟村から、
    東南アジアの新興宗教、アメリカの
    UFO基地・エリア51、
    ギリシアのオーパーツ、
    南米ボリビアの忍者学、
    太平洋の呪われた遺跡、
    チベットのイエティ、
    インドのサイババ、あるいは何故か
    中国・三国志の子孫まで。
    訪問国40を超える、壮絶な現地
    取材を敢行。世界の奇妙なモノを
    ただひたすら撮影、集成した強烈な
    写真集。
    なおアートディレクションには
    古平正義、イラストには漫☆画太郎
    が参加。

    以下本書まえがきより
    芸術とオカルト、一言でまとめると
    余計なことには、実は人間を
    人間たらしめてきた謎が、もしかしたら
    隠されているかもしれないのだ。
    確かに現代においても、人間だけが
    UFOやUMAを見るし、変な
    建築物やオブジェを作るし、
    見えないものを見えるといい、
    そこにないものを信じてみたりする。
    しかしこの事実をラスコーの逸話に
    例えるならば、これは、人類最大の
    無駄どころか、むしろ人類に与えら
    れた最高の天賦である可能性すらある。
    つまり余計なこと、それは人間が
    人間であるために、絶対的に
    必要なことだったかもしれないの
    である。以上の試論を踏まえた上で、
    私は「現代のラスコー」を探すべく、
    旅にでた。世界各地を歩き、この
    奇妙な想像力が生み出した余計な
    ことを、ひたすら探し求めた
    のである・・・

    「奇妙な想像力」がつくりあげた
    この「奇妙な世界」。
    奇界、そこは狂気が正気と
    呼ばれるところ。

  -----
  TVでとある一般の出演者が大好きだと
  言っていた写真集。旦那さんが第2巻を
  TVの中でプレゼントしていました。
  それを見て、いったいどんな写真なんだ
  ろうと気になり、手に取りました。

  綺麗な写真もあれば、「あー、みなけりゃ
  よかった」と思う写真もあります。

  外国の文化というか宗教の違い等も
  見せつけられます。

  正直、行ってみたいと思うような
  ところはありませんでした。


●「5分後に涙のラスト(5分シリーズ)」 編者:エブリスタ  河出書房新社 2017年4月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    小説投稿サイト「エブリスタ」が
    主催する短編小説賞「三行から
    参加できる超・妄想コンテスト」
    入賞作品から、さらに選りすぐりの
    ものを集め、加筆・修正。
    20000作超から選ばれた最高の
    感動体験8作。

    【目次】
    不変のディザイア(plamo)/
    無為の鐘(関井薫)/
    蝶は羽ばたいたか(万里なお)/
    きみにクローバーの花束を(貴仁)/
    コンビニ物語
    ~カウントダウンシガレット~(ぽぽあっと)/
    おなじ話(早川素子)/
    位置について、よーい(宮原杏子)/
    喫茶店の紳士(あめ)

  -----
  「コンビニ物語」が泣けました。
  毎日、コンビニに訪れ、ほぼ同じ行動、
  同じものを買っていく紳士。
  そして、たばこは数字の大きいもの
  から、カウントダウンしながら
  1個ずつ買っていく。
  最後の1番になったとき、
  どうなるんだろうか。

  予想できる結末なのですが、コンビニ店員の
  受け答えに涙でした。


●「最強の天使」 著者:まはら三桃  講談社 2007年6月
    

  ~Amazon.co.jpの商品説明から引用~
    嫌われ者のくそ祖父(じじい)。
    家出したままの情けない父。
    少年の中に眠る、最強の遺伝子。
    講談社児童文学新人賞佳作受賞者 第2作

    はじまりは、衝撃的な2通の手紙。
    同性の後輩からは「とても好きです」。
    絶縁状態の人物からは
    「会わせていただけないか」。
    中学生・周一郎の最強の遺伝子が、
    今、目を覚ます。

  -----
  「カラフルな闇」に登場するクリシューが
  主人公の作品です。

  「カラフルな闇」から少し後で、クリシューが
  住むビルが取り壊しになるので、引っ越しを
  することになる。
  なかなか里中志帆に引っ越すことを
  言いだせない。
  一方、里中志帆と同い年の男の子から
  ラブレターらしき手紙をもらい、最後まで
  読めずに動揺し、さらに家を出て行った
  父親の父、すなわち祖父からの手紙を
  読んでしまい、さらに動揺する。

  頑固者で、人の話なんか全然聞かず、
  気難しい祖父が大嫌いなクリシュー。

  引っ越すまでの中学生ならではの
  心の動揺が面白いです。


●「女の子のことばかり考えていたら、1年が経っていた。」 著者:東山彰良
  講談社 2017年11月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    如何にモテるか--
    それだけをこの胸に問い続けて、
    今日まで生きてきた。

    この本の主成分は、これまで
    恋に関して沈黙するしかなった
    有象無象たちの涙なのだ。

    累計40万部突破!
    ベストセラー『流』以来の衝撃!
    モテ、という人類最大のテーマ。
    男たちよ泣け、女たちよ笑え
    --有象無象たちの哀歌、誕生。

    【目次】
    あの娘が本命/温厚と激情/
    女王陛下のダンベル/
    スペードのエース/
    ビッチと呼ばないで/
    抜け目なき野望

  -----
  主人公は、大学生の有象くんと無象くん。
  その他の登場人物も、イケメンくんとか
  本命ちゃんとか、引き立て役ちゃんとか
  わかりやすい。
  よくありそう(?)な大学生生活を
  描いた作品で、読みやすいです。


●「神様の裏の顔」 著者:藤崎翔  出版社 2014年9月
    

  ~Amazon.co.jpの商品説明から引用~
    神様のような清廉潔白な教師、
    坪井誠造が逝去した。
    その通夜は悲しみに包まれ、誰
    もが涙した。
    …のだが、参列者たちが「神様」を
    偲ぶ中、とんでもない疑惑が。
    実は坪井は、凶悪な犯罪者だった
    のではないか…。
    坪井の美しい娘、後輩教師、
    教え子のアラフォー男性と
    今時ギャル、ご近所の主婦と
    お笑い芸人。二転三転する彼らの
    推理は!?
    どんでん返しの結末に話題騒然!!
    第34回横溝正史ミステリ大賞
    “大賞”受賞の衝撃ミステリ!

  -----
  参列者のほぼ全員が泣いているという
  お葬式。
  しかし、参列者の身近で起こった
  不幸な事故などは、坪井先生が
  犯人ではないかという話が出る。
  しかし、坪井先生が
  大家であるアパートに住んでいる
  お笑い芸人がその誤解を解いていく。
  皆、それに納得し、坪井先生の
  「いい人だった」という名誉は
  守られる。
  しかし、、、、ネタバレになるので
  書くのは控えますが、喪主である
  坪井先生の娘が曲者。

  舞台とか、映画にしたら面白そうだとは
  思いますが、
  (私は「12人の優しい日本人」が思い
  浮かんだ)筆者が仕掛けたトリックを
  実現するのは難しそう。


●「楽しみながら日本人の教養が身につく速音読」 著者:齋藤孝  致知出版社 2017年10月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    この一冊にまるごと収録!!
    声に出して覚える日本人の教養。

    【目次】
    二十四節気/六曜/五行・十干/
    和風月名/賀寿/いろは歌/
    一番はじめは/五十音・北原白秋/
    いろはかるた(江戸/上方)/
    数の単位(大数/小数)〔ほか〕

  -----
  声に出してモノを読むということは
  とてもいいことらしいというのは
  分かってはいるのですが
  なかなか実践はできないものです。

  六曜や十干、和月名は全部言えるの
  ですが、二十四節気は全部を空で
  すぐに言うことはできないですね。
  賀寿(還暦とか白寿とか)で、
  120歳を「大還暦」というのを
  知りませんでした。
  世界最高齢記録保持者で、122歳。
  2位の方が119歳なので、
  大還暦を迎えるのはなかなか難しいことですね。


●「僕が殺した人と僕を殺した人」 著者:東山彰良
  文藝春秋 2017年5月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    1984年。13歳だった。
    夏休みが終わる2日前、
    ぼくたちの人生はここから大きく
    狂いはじめたんだ。
    少年時代は儚く、切なく、
    きらめいている。
    台湾が舞台の青春小説

  -----
  少年を狙った連続殺人事件の犯人となった
  主人公のユン。
  なぜ、台湾出身のユンが、アメリカで
  殺人鬼「サックマン」になったのか。
  ユンが少年時代に過ごした台湾で、
  アガン、ダーダー兄弟、ジェイと共に
  過ごしたことを描いた青春小説です。

  台湾の正式な名前と呼び名的なものが
  異なるので、(ロシアみたい)少し
  読みにくかったのです。
  どなたかが、レビューで「台湾版の
  スタンド・バイ・ミー」だと書いて
  いましたが、言い得て妙でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.26

最近読んだ本一覧518

●「穢れ舌」 著者:原宏一  KADOKAWA 2018年3月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    世界的なグルメガイドの元「格付け人」、
    牧村紗英。
    「絶対味覚」を持つ彼女は、独立して
    会社を立ち上げ、人気店を覆面調査し、
    「星をつける」仕事をしている。
    彼女の判断は、企業による対象店への
    投資を左右する重要なものだ。
    今回、彼女が調査するのは、
    カリスマ料理研究家、須賀ユウコが
    手がけるカジュアルフレンチ
    「ユウコの厨房」。
    プレミア価格がついている幻の
    日本酒の蔵元、「酒蔵烏鵲(うじゃく)」。
    高級鮨を手軽な値段で味わえると人気の
    大箱鮨店、「すし海将」。
    華やかな成功の陰にある嘘、そして
    そこには常にある男の存在が……?

    「星をつける女」、牧村紗英が大活躍。
    飲食業界の闇を斬る、“食”小説の決定版!

    【目次】
    ユウコの厨房/酒蔵烏鵲/すし海将

  -----
  「星をつける女」シリーズ。
  すべての話において裏で、この仕組みを
  操る人物がいる…。

  ・ユウコの厨房
    カリスマ料理研究家は作られた存在で、
    レシピはアシスタントが考えるし、
    自家農園もその場しのぎで調達。

  ・酒蔵烏鵲
    ネットでプレミア価格で取引されている
    日本酒。
    しかし、他の醸造所で作られた酒を
    樽買いして、ばらまいているだけの商品。

  ・すし海将
    北海道近海の美味しい魚を安く食べさせる
    東京の大型すし店。
    安く仕入れるために、海外船が密漁したものを
    密輸していることが判明。


●「虚像のアラベスク」 著者:深水黎一郎  KADOKAWA 2018年3月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    創立十五周年記念公演を目前とした
    名門バレエ団に公演中止を要求する
    脅迫状が届いた。
    海外の要人が鑑賞を予定していることが
    判明し、海埜警部補が専従班として
    警護に当たることに。
    芸術知識と推理力で数々の事件を
    解決してきた甥の“芸術探偵”
    神泉寺瞬一郎と通し稽古に向かうと、
    演目の『ドン・キホーテ』は、
    ダンサーが舞台に刺さったナイフの
    間をすり抜けたり、空中高く放り
    投げられたり、狂言自殺でナイフを
    胸に突き刺したりと危険なシーン
    ばかり。
    万全の警備態勢を整えるが、海埜は
    ある絶対的な不安の原因に気づいて
    しまった--。
    緊張の中、幕があがる!

    舞台で渦巻く疑念があなたを幻惑する、
    書き下ろしミステリ中篇集。

    【目次】
    ドンキホーテ・アラベスク/
    グラン・バ・ド・ドゥ/
    読まない方が良いかも知れない
     エピローグ 史上最低のホワイダニット

  -----
  「ドンキホーテ・アラベスク」は本当にバレエ団を
  舞台にした一応ミステリー。

  次の「グラン・バ・ド・ドゥ」は
  「ドンキホーテ・アラベスク」を読んだ後に読み
  始めるのでバレエ団を舞台にしたお話と思いきや…
  ドンデン返し。

  最初から、坂木司さんの「女子的生活」を思わせる
  怪しい雰囲気があって、女じゃなくて男は感じて
  いたのですが、まさか舞台が相撲とは…。

  「読まない方が良いかも知れない
    エピローグ 史上最低のホワイダニット」は
  「グラン・バ・ド・ドゥ」で起きた親方殺人事件の
  エピローグ。なぜ、親方を殺してしまったのか。
  笑えます。

  深水さんならではの一冊です。


●「地検のS」 著者:伊兼源太郎  講談社 2018年2月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    あの男は一体何者なんだ--?

    湊川地検で起きるすべての事の裏には、
    必ずひとりの男の存在があった

    「絶対悪」が見えにくい現代において、
    「検察の正義」とは何なのか。
    元新聞記者の新進作家が挑む、
    連作検察小説。


    湊川地検の総務課長、伊勢雅行。
    地検の事実上トップである歴代次席検事の懐刀。
    地検内の事務全般だけではなく、
    地元政財界との太いつながり、時には
    量刑の判断にまで関わっていると言われ、
    湊川地検で起きることの裏には、
    必ずこの男の存在があった。
    真っ白な髪から「白い主=シロヌシ」
    転じて「S」、あるいはスパイめいた
    暗躍から「エス」と呼ばれている。
    検事でもない総務のトップがなぜ…。

  -----
  「悪人」と「罪人」とは。
  「正義」とは。

  殺人事件を起こしたからと言って、犯人は
  「悪人」ではない。

  地検を舞台にした人間ドラマです。


●「昭和のテレビあるある」
  著者:青井曽良 絵:二階堂ちはる  TOブックス 2016年3月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    創造的で賑やかで、おおらかで
    爆発力を秘めた昭和のテレビ。
    永遠に色褪せないあの番組、
    あのスター、あのCMの、
    名シーン、意外なシーン、
    アッと驚く事実、衝撃シーンを1冊に。

    【目次】
    第1章 昭和の番組あるある/
    第2章 昭和のテレビ・テレビ局あるある/
    第3章 昭和のCMあるある/
    第4章 昭和のカルトテレビあるある

  -----
  「テレビ探偵団」は是非、今、放送してほしい。

  日中に放送されていた「あなたの知らない世界」。
  新倉イワオさん、懐かしい。
  (2012年にお亡くなりになっていたのですね。
   新倉イワオさん、忘れません。)

  テレビのチャンネルがよく取れたよな。
  TVのチャンネル争い。弟とやったよな。
  で、チャンネルをお母さんにどこかに
  持っていかれたよな。

  本には載ってないけど、4,6,8チャンネルと
  Uチャンネルが懐かしい。

  私より、もうちょっと上の年代の方は
  もっと懐かしい本だと思います。


●「青くて痛くて脆い」 著者:住野よる  KADOKAWA 2018年3月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    空気の読めない発言を連発し、
    周囲から浮いていて、けれど誰よりも
    純粋だった彼女。秋好の理想と情熱に
    感化され、僕たちは二人で「モアイ」と
    いう秘密結社を結成した。
    それから3年。あのとき将来の夢を
    語り合った秋好はもういない。
    僕の心には、彼女がついた嘘が棘の
    ように刺さっていた。

    「僕が、秋好が残した嘘を、本当に変える」
    それは僕にとって、世間への叛逆を
    意味していた--。

    青春の煌めきと残酷さを痛烈に描ききった、
    著者渾身の新境地!

  -----
  主人公は田端楓。「モアイ」を作った張本人が
  同級生でちょっと変わり者の秋好寿乃(ひさの)
  で、楓は巻き込まれる形となる。

  4年生になり、「モアイ」は巨大な組織となって、
  設立当時の形と違っていた。

  今の「モアイ」をぶっ壊すため、楓は動き出す。

  結末は、、、、タイトルそのもの。
  イタイよ、楓。でも、ガンバレ楓。


●「問題解決大全
  ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール」
   著者:読書猿  フォレスト出版 2017年11月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    哲学歴史経済学人類学数学物理学
    生物学文学…知の巨人の肩の上で問題を解く。

    【目次】
    第1部 リニアな問題解決
    (問題の認知/解決案の探求/
    解決策の実行/結果の吟味)/
    第2部 サーキュラーな問題解決

  -----
  仕事でならったKJ法をはじめ、人類の英知の
  結集ともいえる1冊。

  意思決定に、「ケプナー・トリゴーの決定分析」を
  個人的には使っています。
  ものを購入する際に、どの機種にするか迷った
  時になど。
  こういう名前があるのね。

  他にも37種類の問題解決の技法が
  紹介されています。

  一番最初の「100年ルール」がシンプル
  目からうろこ。
  100年後に大事な問題なのか。。。
  そう思うと気が楽になりそうです。


●「羽州ものがたり」 著者:菅野雪虫  角川書店 2011年1月
    

  ~Amazon.co.jpの商品説明から引用~
    ひとつしか瞳をもたない鷹のアキと
    暮らす少女・ムメは、都から来たばかりの
    少年・春名丸と出会った。
    それが縁で春名丸の父親・小野春風に
    さまざまなことを教わるムメ。
    やがて見違えるような娘へと育ったムメは、
    春名丸との友情をはぐくんでいく。
    だがそのころ、羽州では都に対する
    戦いが起きようとしていて-!!
    それが、東北の地、羽州で起きた
    「元慶の乱」のはじまりだった。

  -----
  村長のムスメ・ムメ(梅を表す)と
  村からはずれた山奥に住む口数少ないカラス、
  そして、都からやってきた春名丸(のちの春雪)。
  川で流されそうになった春名丸をムメとカラスが
  助けたことで小野家とつながりを持つようになる。

  一方、羽州は天候不良などにより農作物の
  収穫が少なくなるが、税の取り立てが
  厳しいまま。ムメの父親を含め、周囲の村の長
  が集まり、乱を起こすことになる。

  ソニンたチポロと同様、賢くて、強くて
  優しい女の子のお話。
  とても気持ちのよいストーリーです。


●「5分後に思わず涙。 青い星の小さな出来事
  (5分後に意外な結末)」
  著者:桃戸ハル、桃戸ハルほか  学研プラス 2017年7月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    超人気シリーズのスピンオフ「涙」
    バージョンの第2弾。嬉し泣き、
    悔し泣き、もらい涙、ほろっと涙、
    慟哭…。さまざまな形の涙の物語を
    新収録。ただし、涙だけでは終わら
    ない。最後にぞっとする話など、
    全編、「意外な結末」を保証!

    涙×意外な結末。涙×感動、涙×笑い、
    涙×悲劇…。涙に彩られた、
    30の人生と物語。全編、シリーズ新収録。

    【目次】
    世界記録/父の再婚/蜜柑/過去と未来の間/
    迷惑な子どもたち/魔性の女/花を贈る人/
    告白/旅は道連れ/非情な旅行者/神対応/
    公正な裁判長/紫陽花の窓/身代わり/
    世界一おいしいカリントウ/さくらの花/
    ペルセウスとメドゥーサ/理想の結婚相手/
    暗証番号/生命の輝き/若者よ/愛妻弁当/
    予知能力/穴を飼う/プロポーズ/
    恩讐の間で/記憶/循環バス/母、帰る/
    亡霊

  -----
  芥川龍之介の「蜜柑」や
  菊池寛の「恩讐の彼方に」や「父、帰る」、
  ギリシャ神話を元にした作品もあり。

  さらっと読めてよいです。


●「5分後に戦慄のラスト」 著者:エブリスタ  河出書房新社 2017年4月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    小説投稿サイト「エブリスタ」が
    主催する短編小説賞「三行から
    参加できる超・妄想コンテスト」
    入賞作品から、さらに選りすぐりの
    ものを集め、加筆・修正。
    20000作超から選ばれた怒濤の
    恐怖体験11作。

    【目次】
    隙間(快紗瑠)/コタエアワセ(羽央えり)/
    小指の約束(またたびまる)/
    見知らぬ同窓会(緒方あきら)/
    五臓六腑に染み渡る(和久井要)/
    フォルダ(Uranus)/
    もし一億円あったら(ゆめ)/
    ストックホルム症候群(雪宮朔也)/
    怖い話(またたびまる)/
    隣の赤ちゃん(こにし桂奈)/
    透明人間当選(さるですが。)

  -----
  5分の物語なので、先がすぐに見えちゃうのが
  難点。
  でも、さらっと読めるので、こういうシリーズの本は
  好きです。


●「5分後に驚愕のどんでん返し」 著者:エブリスタ  河出書房新社 2017年4月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    小説投稿サイト「エブリスタ」が
    主催する短編小説賞「三行から
    参加できる超・妄想コンテスト」
    入賞作品から、さらに選りすぐり
    のものを集め、加筆・修正。
    20000作超から選ばれた
    「まさか!」の体験12作。

    【目次】
    カミングアウト(えんぴつ堂)/
    私は能力者(たろまろ)/
    先見の明(冨森駿)/
    記憶喪失(ヨモツヒラサカ)/
    花火が彩る夜に負けられない戦いへ(紫真子)/
    言葉ーメッセージ(梅☆林)/
    僕と先輩と秘密の図書室(白黒ねこ)/
    透明人間になるまでに(柚木とわ)/
    5秒マン(神谷信二)/
    橋(咲月和香)/中毒(かづは)/
    隣家の秘密(たろまろ)

  -----
  「5分後に戦慄のラスト」と同様に
  終わりが読めてしまうんですよね。
  もう少し捻りがあってもいいような気が
  します。


●「MOTHER TOUCH 戦場からのメッセージ」
  著者:渡部陽一  辰巳出版 2010年12月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    戦場カメラマン 渡部陽一が伝える
    戦争の中で日常を生きる人々のメッセージ

    現在、各種メディアで大注目を集める
    戦場カメラマンの渡部陽一氏。
    世界中の紛争地取材を通して出会った
    のは、戦争という非日常の中を生きる
    人々だった。
    本書は、戦場カメラマン渡部陽一が
    戦場に暮らす人々のリアルな日常生活を
    写した自身初となる写真集です。

  -----
  渡部さんはテレで拝見するだけで、写真を
  見たことはありませんでした。

  『戦争で犠牲になるのは最初も最後も子どもたちである』

  この言葉から始まる写真集は
  子たちの無邪気な明るさも、反面、生活の
  暗さも表しています。


●「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら 青のりMAX」
  著者:神田桂一、菊池良  宝島社 2017年12月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    「もしも村上春樹がカップ焼きそばの
    容器にある『作り方』を書いたら」が
    ツイッターから大拡散。
    単行本としても2ヵ月で10万部を
    突破した「もしそば」待望の第2弾!

    森鴎外、樋口一葉、渡辺淳一、司馬遼太郎、
    吉本ばなな、ゲーテ、ヘミングウェイらの
    文豪から、ブルゾンちえみやノーベル文学賞の
    カズオ・イシグロなど、今話題の人物まで。
    新たな文体模倣ネタが“大盛”の120連発!
    さらに前作で登場した村上春樹、太宰治、
    星野源らは、池上彰司会の仮想の特別座談会
    で登場します。
    有名漫画家の模倣を得意とする人気漫画家・
    田中圭一の描き下ろしによる爆笑イラストも
    必見!!

    『桐島、湯切りやめるってよ』
    『失楽麺』『ゆげくらべ』
    『博士の愛したソース式』『湯邦人』etc.
    120人!文体模写が奏でるC級グルメ文学の
    金字塔。

    【目次】
    渡辺淳一-失楽麺/ゲーテ-若きウェルテルの中味/
    カズオ・イシグロ-かやくを離さないで/
    井伏鱒二-山椒粉/紫式部-三時物語“桐壺”/
    松本人志-ワイドナ塩/
    吉本ばなな-キッチンでYUGIRI/
    北朝鮮の国営ニュース放送-カップ焼きそばマンセー/
    宮崎駿-お湯の帰る場所/
    朝井リョウ-桐島、湯切りやめるってよ〔ほか〕

  -----
  自分が読んだことのある作品でないと
  もちろん面白みを感じないんですよね。

  渡辺純一、朝井リョウは最高。
  北朝鮮のニュース風や、ブルゾンちえみも
  面白かったです。


●「棲月 隠蔽捜査7」 著者:今野敏  新潮社 2018年1月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    竜崎伸也、大森署最後の事件!?
    正体不明の敵に立ち向かう、激動の
    長編第7弾。
    私鉄と銀行のシステムが次々にダウン。
    不審に思った大森署署長・竜崎は、
    いち早く署員を向かわせるが、警視庁の
    生安部長から横槍が入る。さらに、管内で
    殺人事件が発生。電話で話した同期の
    伊丹から「異動の噂が出ている」と
    告げられた竜崎は、これまでになく
    動揺する自分に戸惑っていた--。
    大人気警察小説シリーズ、待望の第9作!

  -----
  システムダウンの原因が気になり、
  サイバー管理の部署に大森署の署員を
  送りだす竜崎。
  さらに、殺人事件がネットで都市伝説的な
  話題として取り上げられている「ルナリアン」
  という人物が関係しているのではないかと
  推測する。

  これらの事件が解決し、竜崎は大森署の
  署長から神奈川県警の刑事部長に移動になる。


●「カラフルな闇」 著者:まはら三桃  講談社 2006年4月
    

  ~Amazon.co.jpの商品説明から引用~
    かっこいいじゃん、闇魔女。

    第46回講談社児童文学新人賞佳作受賞作!

    気まぐれな母親は、赤。私の過去を知る
    あの人は、紫。不幸をもたらす「闇魔女」
    にゆれる、女子中学生・志帆の複雑な
    色模様をうつしとる。

  -----
  主人公は里中志帆という中学生。

  志帆は両親が離婚していて、気分の浮き
  沈みが激しい母と一緒に暮らしている。

  志帆の友人である亜紀が憧れる先輩で
  クリシュー(小栗周一郎)というがいて、
  彼は、不思議な色の絵を描く。
  父の会社がクリシューの母が営む美容院で
  自宅であるビルにあることで、クリシューと
  話をするようになる。

  最近の志帆の気になることは「闇魔女」。
  いつも聞いているラジオ番組で目撃情報が
  寄せられていて、「闇魔女」を見ると、
  不幸なことが起こる場合もあるし、いいことが
  起こる場合もある。

  中学生の複雑な気持ちを描いた作品です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.09

最近読んだ本一覧517

●「世界でいちばん美しい城、荘厳なる教会」 著者:MdN編集部
  エムディエヌコーポレーション 2017年12月
    

  ~Amazon.co.jpの商品説明から引用~
    フランス王妃や愛妾たちに愛された城と
    庭園、湖畔に佇む美しい宮殿、
    眠れる森の美女の城のモデルとなった
    悲劇の城、トランシルヴァニアの
    ドラキュラ城、聖地防衛の要となった
    聖ヨハネ騎士団の要塞、旧市街をいま
    なお見守る数百年の廃城、世界でもっとも
    愛らしいと称された「貴婦人の館」。
    100本を超える尖塔に飾られた世界最大
    のゴシック建築の聖堂、涙を流すキリスト像
    伝説から始まった、ヨーロッパ随一と
    讃えられたロココ様式の傑作、一本の
    釘も使わずに建てられた木造建築の教会、
    キリスト教の物語を伝える美しいフレスコ
    画の数々、歴代フランス国王とその家族たちが
    眠る、壮大で美しいゴシックの教会堂、
    「聖ミカエルの山」に建つ1200年の
    修道院。
    ヨーロッパや中東のもっとも美しい城と、
    もっとも荘厳な教会の外観はもちろん、
    美しく壮麗な内装にいたるまで、世界で
    活躍する第一線の写真家たちがレンズを
    通してとらえた写真を一冊にまとめました。
    ドイツ、フランス、オーストリア、
    イギリス、スイス、ロシア、クロアチアを
    始めとする世界の芸術品ともいえる
    建造物をお楽しみいただけます。

  -----
  最近、この系列の写真集がお気に入りです。
  できるなら、行ってみたいところばっかり。
  やはり、モンサンミッシェルは死ぬまでに
  行きたいな。

●「7日間以内で体験できる 世界一の旅」
  著者:A-Works  A-Works 2017年5月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    好奇心をくすぐる、刺激的で魅力的な
    「世界一」50選!旅の予算から
    手配先まで、丁寧に解説したガイド付き。

    【目次】
    世界一美しい入り江/世界一怖い絶景/
    世界一大きい屋外プール/世界一怖いホテル/
    世界一怪しいテーマパーク/世界一古い砂漠/
    世界一美しい島/世界一大きい石膏砂丘/
    世界一美しいオーロラ/
    世界一危険な動物園〔ほか〕

  -----
  こんな本を見ていたら、行きたいところが
  どんどん増えてしまいます。
  あー、海外旅行に行きたいです。


●「誰にも書ける一冊の本(テーマ競作小説「死様」)」
  著者:荻原浩  光文社 2011年6月
    

  ~Amazon.co.jpの商品説明から引用~
    「私」は、アルバイトと自分を含めて
    五人の広告制作会社を営んでいる。
    広告業のかたわら小説を書き、二冊の
    本を出している。会議中に、母親から
    電話があった。入院している父親の容態が
    悪くなり、医者から、会わせたい人は
    今のうち呼ぶように言われたという。
    函館に飛ぶ。父は、生体情報モニタと
    いう機械に繋がれていた。父とは不仲
    だったわけではないが、男同士で腹を
    割った話をした経験も、二人きりの親密
    な体験をした記憶もない。
    母から原稿用紙の束を渡された。
    父が書いていたものだという。
    本にしたくて、専門家のお前に意見を
    聞きたいんじゃないかと。父は八十年間、
    北海道で暮らしていた。出世したとは
    言い難い会社員、見合い結婚、子どもは
    「私」と妹の二人。平凡な人生を綴った
    であろう厚さ四、五センチの原稿を息子
    以外の誰が読みたがるだろう。
    読み始めた。少年時代に羆の一撃を食らい、
    祖父とのニシン漁で学資を稼ぎ、
    北大文学部の英文科を目指すところまで
    読んだ時点で、父は事切れた。
    すべて初めて知ることばかりであった。
    最初は、素人が陥りやすい自慢話と思った
    が、その後創作と思うようになる。
    葬儀まで暦の関係で日にちが空き、
    物言わぬ父の傍らで読み終えた。
    そして葬儀の日、すべては明らかに
    なった……。
    一人の人間が死した後に厳然と残り、
    鮮やかに浮かび上がってくるものとは。

  -----
  「死様」をテーマに複数の作家さんが
  競作。
  人間誰もが、死ぬまでに1冊の本が
  書けるらしい。
  私が死ぬとき、もちろん1冊の本は実際には
  書けていないだろうけど、
  心の中にどんな作品を書いているのだろう。


●「なぜあの人は、しなやかで強いのか
   余裕のある大人になる68の具体例」
  著者:中谷彰宏  PHP研究所 2017年9月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    「自分のことしか見えない」
    「すぐにムッとする」「逃げる」などと
    言われ、損をしている人必読!
    大人のしなやかな切り抜け方教えます。

    必死でもなく、無気力でもない。
    こだわるのも、成り行きに身を任せるのも、
    どちらもカッコイイ。

    【目次】
    1 しなやかな大人は、イライラしない。
    (共感は、相手の痛さがわかることだ。/
     頑張った分の見返りを、すぐ求めない
     ようにする。 ほか)/
    2 しなやかな大人は、まわりが見えている。
    (自分だけに起こる不幸はない。/
     相手にも、生活があり、人生があり、
     魂があると感じる。 ほか)/
    3 しなやかな大人は、負けて勝つことができる。
    (勝ったのではなく、生き残ったのだ。/
     死ぬ時に、10円儲かればいい。 ほか)/
    4 しなやかな大人は、困難を乗り越える。
    (成功したら満足、失敗したら成長する。/
     「最低の目標」をクリアすれば、
     安心できる。 ほか)/
    5 しなやかな大人になるには、コツがある。
    (落ち葉を優しく掃くと、心が穏やかになる。/
     首尾一貫しようとしないでいい。 ほか)

  -----
  強くしなやかに。
  憧れる過ごし方です。
  強いといっても、我を通し続けるのではない。
  しなやかにと言っても流されるわけではない。

  何事も柔軟に対応できるようにしたいです。


●「月の上の観覧車」 著者:荻原浩  新潮社 2011年5月
    

  ~Amazon.co.jpの商品説明から引用~
    閉園後の遊園地。高原に立つ観覧車に
    乗り込んだ男は月に向かってゆっくりと
    夜空を上昇していく。いったい何のために?
    去来するのは取り戻せぬ過去、
    甘美な記憶、見据えるべき未来
    --そして、仄かな、希望。ゴンドラが
    頂に到った時、男が目にしたものとは。
    長い道程の果てに訪れた「一瞬の奇跡」を
    描く表題作のほか、過去/現在の時間を
    魔術師のように操る作家が贈る、
    極上の八篇。

    守れるはずもないことを、いくつ約束
    したのだろう。逃げ出した故郷、家族に
    押しつけた身勝手な夢。いつだってその
    残酷さに、気付かぬわけでは決して
    なかった-。月光の差し込む観覧車の中で、
    愛する人々と束の間の再会を遂げる男を
    描いた表題作ほか、繰り返せない時間の
    哀歓を描く著者最高の傑作短篇集。

  -----
  荻原さんの作品を読んでいると、頭の中に
  映像が出てくるんだよな。
  ドラマというよりは映画的な映像。
  この短編集では、離婚した中年男性が
  主人公の作品が多く、すごくもの寂し気に
  始まる映画のシーンが浮かびました。
  妻や子どもと別れ、一人寂しく車窓を眺める
  シーン。

  私の想像力の問題ではなく、
  荻原さんの情景描写が秀逸なのでしょうね。


●「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」 著者:神田桂一、菊池良
  宝島社 2017年6月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    もしも村上春樹がカップ焼きそばの
    容器にある「作り方」を書いたら
    --ツイッターで発信され、ネット上で
    大拡散されたあのネタが、太宰治、
    三島由紀夫、夏目漱石といった文豪から、
    星野源、小沢健二らミュージシャンまで、
    100パターンの文体にパワーアップ
    して書籍化されました。
    読めば爆笑必至の文体模倣100連発。
    さらにイラストは、手塚治虫をはじめと
    した有名漫画家の模倣を得意とする
    マンガ家・田中圭一氏の描き下ろしです!

    【目次】
    もしあなたが文豪たちの綴ったカップ
    焼きそばの作り方を読んだら
    (太宰治-焼きそば失格/
     村上春樹-1973年のカップ焼きそば/
     コナン・ドイル-湯切りの研究/
     星野源-焼きそば恥だがカップ立つ/
     ドストエフスキー-カラマーゾフの湯切り ほか)/
    もしカップ焼きそばの作り方をただ
    そのまんま本に載せたら
    (ペヤングソースやきそば/
     日清焼そばU.F.O.お好き焼味/
     明星一平ちゃん夜店の焼そば辛子明太子味/
     マルちゃん俺の塩/
     サッポロ一番オタフクお好みソース味焼そば ほか)

  -----
  これは面白い。オススメ。
  やはりネットで話題になった、村上春樹が
  最高です。村上春樹らしい。

  作家だけでなく、週間文春とか新聞記事とか
  迷惑メールなるものもあります。
  続編もあるので、読んでみたいです。


●「日本の美しい庭園図鑑」 著者:大野暁彦、鈴木弘樹  エクスナレッジ 2017年3月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    京都・奈良の庭園
    (天龍寺庭園-京都/依水園-奈良 ほか)/
    北海道・東北の庭園
    (毛越寺庭園-岩手/南湖公園-福島 ほか)/
    関東の庭園
    (小石川後楽園-東京/三溪園-神奈川 ほか)/
    甲信・東海の庭園
    (北畠氏館跡庭園-三重/光前寺庭園-長野 ほか)/
    関西・北陸の庭園
    (兼六園-石川/玄宮楽々園-滋賀 ほか)/
    中国・四国の庭園
    (岡山後楽園ー岡山/縮景園-広島 ほか)/
    九州・沖縄の庭園
    (水前寺成趣園-熊本/伝来寺庭園-大分 ほか)

  -----
  私が好きな庭園は、香川の「栗林公園」。
  兼六園も綺麗なのですが、栗林公園の方が好きです。
  岡山の「後楽園」も好きですが、やっぱり栗林公園。

  この本を見て、今日と訪問の最に天龍寺庭園を
  見たかったのですが、家族みんなが見なくていい
  というので諦めました。
  またの機会に。


●「マスカレード・ナイト」 著者:東野圭吾  集英社 2017年9月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    若い女性が殺害された不可解な事件。
    警視庁に届いた一通の密告状。
    犯人は、コルテシア東京のカウント
    ダウンパーティに姿を現す!?
    あのホテルウーマンと刑事の
    コンビ、再び。

  -----
  とある女性が自室で殺害された事件の犯人が
  ホテルのカウントダウンパーティーに
  参加するので、逮捕してほしいという密告があり、
  再び、新田刑事がホテルマンとして潜入
  することに。

  なかなか分厚い内容でしたが、
  東野さんの作品は読みやすいですね。


●「僕が愛したすべての君へ」 著者:乙野四方字  早川書房 2016年6月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    人々が少しだけ違う並行世界間で日常的に
    揺れ動いていることが実証された時代
    -両親の離婚を経て母親と暮らす高崎暦は、
    地元の進学校に入学した。勉強一色の
    雰囲気と元からの不器用さで友人を
    つくれない暦だが、突然クラスメイトの
    瀧川和音に声をかけられる。
    彼女は85番目の世界から移動してきて
    おり、そこでの暦と和音は恋人同士だと
    いうのだが…並行世界の自分は自分なのか?

  -----
  「君を愛したひとりの僕へ」と対になり、
  かつ、どちらから読んでも、つながっている
  という面白い試みの作品。(ループしている。)
  大学時代の大分出身の友人が面白かったと
  ネットで言っていて、読みました。

  私は、今回の「僕が愛したすべての君へ」の方が
  好きです。

  どちらを先に読んでもいいとのことですが、
  「君を愛したひとりの僕へ」→「僕が愛したすべての君へ」の
  順番がよいような気がします。


●「刑事の怒り」 著者:薬丸岳  講談社 2018年1月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    --こんなに怒りに打ち震えても、
    まだ、人の心を取り戻して欲しいと
    望まずにはいられない。

    第70回日本推理作家協会賞〈短編部門〉
    受賞作「黄昏」を収録

    現代社会の希望なき闇に切り込んだ
    珠玉の4篇。
    これぞ乱歩賞作家・薬丸岳だから描ける
    ミステリー!

    被害者と加害者、その家族たちのやむに
    やまれぬ“想い”をみつめてきた
    刑事・夏目信人が出会った4つの事件。
    年金不正受給、性犯罪、外国人労働、介護。
    社会の歪みが生み出す不平等や、やり場の
    ない虚しさを抱えつつも懸命に前を向く
    人々。彼らを理不尽に踏みにじる凶悪な
    犯人を前に、常に温かみに満ちていた彼の
    まなざしが悲しき“怒り”に燃えたとき、
    胸をこみ上げる激情に我々は思わず
    言葉を失う--。

    “涙が溢れる”だけでは終わらない。
    刑事・夏目信人シリーズ最新作!

    【目次】
    黄昏/生贄/異邦人/刑事の怒り

  -----
  ・黄昏
    「最近読んだ本一覧491」の
    「所轄-警察アンソロジー」
    「最近読んだ本一覧509」の
    「ザ・ベストミステリーズ2017」で
    既読。

  ・生贄
    レイプ事件を題材にした作品。
    女性が狙われてしまう性犯罪は
    どうやったらなくなるのでしょう。

  ・異邦人
    日本に留学しているベトナム人の学生を
    主人公にした作品。
    こちらも弱者の弱みに付け込んだような
    事件。

  ・刑事の怒り
    脳死等の状態ではなく、
    意識は若干あるが、体を自由に動かせない
    患者の呼吸機器が外され、死亡してしまうという
    事故(事件?)が2件続けて発生。

    犯人の身勝手な犯行動機に
    夏目の娘も同様の病状であったため、
    夏目の怒りを買う。


●「世界一うつくしい植物園」 著者:木谷美咲、森田高尚
  エクスナレッジ 2016年3月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    アメリカ大陸
    (ブッチャートガーデン/ニューヨーク植物園/
     ロングウッドガーデン ほか)/
    ヨーロッパ&アフリカ大陸
     (パドヴァ大学付属植物園/マデイラ植物園/
     ルンブラクレ ほか)/
    アジア&オセアニア(東南植物楽園/小石川植物園/
     高知県立牧野植物園 ほか)

  -----
  日本の植物園のうち、牧野植物園が紹介されているのが
  うれしい。
  先日、大阪の「咲くやこの花館」へ行って、
  職員さんの植物に関する知識や植物に対する愛情に
  感嘆しました。

  動物園も大変だろうけど、植物園も表には
  見えない努力があるのだろうな、と思います。


●「居酒屋ぼったくり 9」 著者:秋川滝美  アルファポリス 2018年2月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    東京下町にひっそりとある、
    居酒屋「ぼったくり」。
    名に似合わずお得なその店には、
    旨い酒と美味しい料理、そして
    今時珍しい義理人情がある-。
    旨いものと人々のふれあいを描いた
    短編連作小説、待望の第9巻!
    全国の銘酒情報、簡単なつまみの
    作り方も満載!

    【目次】
    傷を癒すもの/お助け栗きんとん/
    それぞれの居心地/家出騒動/
    いつか来た道

  -----
  最後の章「いつか来た道」で
  ぼったくりの常連のアキとリョウが
  付き合いだします。
  いいなか、こういう雰囲気。

  相変わらず、美音さんの作る料理は
  どれもおいしそう。。。


●「スイート・ホーム」 著者:原田マハ  ポプラ社 2018年3月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    幸せのレシピ。
    隠し味は、誰かを大切に想う気持ち--。
    うつくしい高台の街にある小さな
    洋菓子店で繰り広げられる、
    愛に満ちた家族の物語。


    田陽皆(こうだ・ひな)は、雑貨店に
    勤める引っ込み思案な二十八歳。
    地元で愛される小さな洋菓子店
    「スイート・ホーム」を営む、
    腕利きだけれど不器用なパティシエの父、
    明るい「看板娘」の母、華やかで
    積極的な性格の妹との四人暮らしだ。
    ある男性に恋心を抱いている陽皆だが、
    なかなか想いを告げられず……。
    (「スイート・ホーム」)
    料理研究家の未来と年下のスイーツ
    男子・辰野との切ない恋の行方
    (「あしたのレシピ」)、
    香田一家といっしょに暮らしはじめた?
    いっこおばちゃんが見舞われた
    思いがけない出来事
    (「希望のギフト」)など、
    稀代のストーリーテラーが紡ぎあげる
    心温まる連作短編集。

    どんなに疲れて帰ってきても、
    仕事でうまくいかないことがあっても、
    ここまで来れば、もう大丈夫。
    駅からバスに乗って、ふたつ目の
    バス停で下りて、色づき始めた街路樹を
    眺めながら、甘い香りのする場所へと
    向かう。
    そこでは、おいしいスイーツと、
    なごやかなパティシエ一家が、
    私の到着を待っていてくれる。
    (本文より)
    さりげない日常の中に潜む幸せを
    掬い上げた、心温まる連作短篇集。

    【目次】
    スイート・ホーム/あしたのレシピ/
    希望のギフト/めぐりゆく季節
    (秋の桜/ふたりの聖夜/冬のひだまり/
    幸福の木/いちばんめの季節)

  -----
  「めぐりゆく季節」はスイートホームを
  訪れるお客さんが主人公の作品群。

  宝塚が舞台なので、登場人物は関西弁。
  それが余計に作品の暖かさを出している
  と思いました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.23

最近読んだ本一覧516

●「たまごを持つように」 著者:まはら三桃  講談社 2009年3月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    自信が持てず臆病で不器用な
    初心者、早弥。ターゲット
    パニックに陥った天才肌、実良。
    黒人の父をもち武士道を愛する
    少年、春。たまごを持つように、
    弓を握り、心を通わせていく、
    中学弓道部の男女三人。
    こわれやすい心が、ぶつかりあう。

  -----
  北九州市の中学校の弓道部を舞台にした
  青春小説。
  メンタルの強さがモノを言う競技。
  いいなぁ。部活に一生懸命になる姿が。


●「絵本「からすのパンやさん」のパンをつくろう!」
  著者:文化出版局、パン製作:いとうみな
  文化出版局 2009年10月
    

  -----
  大好きな絵本「カラスのパンやさん」に登場する
  パンのレシピ本。
  まぁ、レシピというよりも成形を説明した
  本です。
  見ているだけで楽しいです。


●「殺人現場は雲の上」 著者:東野圭吾  光文社 1992年8月
    

  ~Amazon.co.jpの商品説明から引用~
    新日本航空の花のスチュワーデス、
    通称・エー子とビー子。同期入社で
    ルームメイトという誰もが知る仲よし
    コンビ。容姿と性格にはかなり差が
    ある凸凹コンビではあるけれど…。
    この二人が奇妙な事件に遭遇する。
    昼間、乗務中にお世話した男の妻が、
    自動ロックのホテルの室内で殺害
    されたのだ。雲をつかむような
    難事件の謎に挑む二人の推理はいかに?

  -----
  CAをシュチュワーデスと呼んでいたり、
  航空機内でタバコが吸えたりした時代の
  お話。
  航空機内や、旅先で起こるミステリーを
  優秀な英子(エー子)とちょっとドジで
  おっちょこちょいな真美子(通称:ビー子)
  が解決します。


●「探偵倶楽部」 著者:東野圭吾  角川書店 2005年10月
    

  ~Amazon.co.jpの商品説明から引用~
    麗しき二人の探偵が不可解な謎を
    解き明かす!
    <探偵倶楽部>
    --それは政財界のVIPのみを
    会員とする調査機関。会社社長が
    風呂場で感電死した。
    電気コードを用いた家政婦の犯行と
    処理されるが、疑問を感じた
    社長夫人は探偵倶楽部に調査を
    命じ…。傑作ミステリ!

    「お母さん、殺されたのよ」
    -学校から帰ってきた美幸は、
    家で母が殺害されたことを知ら
    される。警察は第一発見者で
    ある父を疑うが、彼には確かな
    アリバイがあった。しかしその
    言動に不審を抱いた美幸は、
    VIP専用の調査機関
    “探偵倶楽部”に調査を依頼する。
    探偵の捜査の結果、明らかに
    なった意外な真相とは?
    冷静かつ迅速。会員制調査機関
    “探偵倶楽部”が難事件を
    鮮やかに解決。

  -----
  私が読んだ文庫は装丁が違っていました。

  お金持ちの会員専用の探偵事務所
  「探偵倶楽部」。
  夫の素行調査だったり、事故と見せかけて
  殺害された事件の犯人捜しだったり。
  正統派ミステリーです。


●「僕はロボットごしの君に恋をする」 著者:山田悠介  河出書房新社 2017年10月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    二〇六〇年、三度目のオリンピック
    開催が迫る東京で、人型ロボットを
    使った国家的極秘プロジェクトが
    進んでいた。プロジェクトメンバーの
    健は、幼なじみで同僚の陽一郎、
    そして彼の妹の咲に助けられながら
    奮闘する。ところが、咲の勤務先に
    テロ予告が届き事態は急変した。
    目的を達するために、はてしなく
    暴走する研究者の狂気。はたして
    健は、テロを防ぎ、想いを寄せる咲を
    守れるのか?そしてラストに
    待ち受ける衝撃と、涙の結末は?
    男の打った最後の一手が、開けては
    いけない扉を開ける!

  -----
  AIロボットが世の中で普通に仕事を
  している未来の東京。
  健(たける)もAIロボットを操作して、
  町中の警備をしているロボット研究所の
  ロボット運用部員。
  3回目の東京五輪が近づき、テロ対策の
  ために、幼馴染で同じ研究所の同僚・
  陽一郎の妹・咲が勤務するスポーツ用品会社で
  健は、咲に思いを寄せていて、
  AIロボット四号・翼を介して咲と
  会話ができることを喜ぶ。
  楽しい毎日が過ぎるが、
  テロの魔の手が、女子マラソンの
  開場で起こり、咲が巻き込まれる。
  事故現場に駆け付ける健。

  テロを起こす犯人は、そうそうに
  分かったけど、健の正体までは
  見抜けませ手した。

  車も自動運転になり、
  こういう世の中が来るんだろうな。


●「つるばら村のレストラン」 著者:茂市久美子 絵:柿田ゆかり  講談社 2010年12月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    月見が原のシラカバ林のなかに、
    古い山小屋がありました。
    山小屋のまわりには、カタクリの花が、
    うすべに色のじゅうたんをひろげて
    います。コックの卓朗さんは、そこで
    レストランをはじめることにしました。
    ふしぎなお客さんとの出会いがうみだす、
    季節ごとのおいしいお料理ファンタジー。
    小学中級から。

  -----
  はりゅがさちょに読まそうと思って図書館から
  借りてきた児童書。
  さちょの小学校の3年の教科書に
  「ゆうすげ村の小さな旅館」というお話が
  出てきて、その作者と同じです。

  ファンタジーの要素があるふんわりあったかくなる
  1冊です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.16

最近読んだ本一覧515

●「動物mg図鑑 みんな何食べてる?」 著者:松原卓二  小学館 2017年3月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    モグモグする姿が、いとおしすぎる写真集!

    片手でササを持ってぐいっと食べる
    ジャイアントパンダ。
    両手でいとおしそうに魚をうけとる
    コツメカワウソ。
    お母さんのおっぱいをちゅーっと飲む
    ゴマフアザラシの赤ちゃん

    ---いろんな表情で、いろんな
    しぐさで、動物たちがモグモグとごはんを
    食べている写真集が、ついに刊行!

    かわいい口元の動物写真が話題になった
    『動物ω図鑑』のカメラマン・松原卓二氏が、
    今度は口元が大活躍する「かわいすぎる
    食事シーン」を追いかけました。

    写真にはクスッと笑えるキャプションつき。
    お子さまから大人まで、すみずみまで
    何度でも愛でてください!
    ご自分用にはもちろん、動物好きなあの子に、
    食いしん坊なあの人に、贈り物として
    お渡しするのも、おすすめです!

    【編集担当からのおすすめ情報】
    「かわいくってどうしよう!」な写真
    ばかりです。
    同じ「リンゴ」の食べ方でも、
    レッサーパンダとカナダヤマアラシでは
    こうもちがうんだ!など発見もたくさん
    あります。

    松原さんの眼を通すと、動物はこんなに
    かわいくうつっているのか…と衝撃を
    受けました。その衝撃と感動を、
    ぜひ一緒にご共有ください!

    アドベンチャーワールドで2016年に
    産まれたばかりの、赤ちゃんパンダの
    写真も収録されていますよ。

  -----
  表紙のラッコの写真に惹かれ手に取りました。

  ツメナシカワウソは、のいち動物公園の写真です。
  かわいいというより格好いいのは
  名古屋市東山動物園のニシローランドゴリラの
  シャバーニです。
  ネギを食べる姿が男らしいです。


●「居酒屋ぼったくり 8」 著者:秋川滝美  アルファポリス 2017年10月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    東京下町にひっそりとある、
    居酒屋「ぼったくり」。
    名に似合わずお得なその店には、
    旨い酒と美味しい料理、そして今時
    珍しい義理人情がある-。
    旨いものと人々のふれあいを描いた
    短編連作小説、待望の第8巻!
    全国の銘酒情報、簡単なつまみの
    作り方も満載!
    2018年春TVドラマ化決定!!

    【目次】
    おじいちゃんの記憶/女たちの仕返し/
    魔女につかまれた胃袋/
    黒豆ゼリーにとけた心/黄金色の出汁

  -----
  2017年11月に7巻を読んで、
  待望の8巻!
  ついに、要が美音にプロポーズをするが、
  その内容が軽すぎて、美音がご立腹。
  要の母にそのことを話したことで、
  要は、美音と連絡が取れなくなるように
  母から兄に手を回され、海外出張に
  行かされることに。
  プロポーズで相手を怒らせるのは
  要の祖夫に代から、父、そして兄と
  親子3代にわたってのことらしい。

  「おじいちゃんの記憶」で芋の茎が
  登場します。
  私は芋の茎のきんぴらが大好き。
  実家にいる頃、母がよく作ってくれました。
  結婚してから食べてないかも。

●「自薦 THE どんでん返し2」 著者:乾くるみ、大崎梢ほか
  双葉社 2017年1月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    流行作家のマンションに集まった、
    同級生男女たちの思惑は?
    閉店してしまった地方書店。
    出版社の若手営業マンは割り切れ
    なかった…。
    大学の同好会で熱心に絵画制作に
    打ち込む彼女。同学年の僕は彼女の
    情熱に…。
    学園祭で催された降霊会。何か企みが
    あるのではないか…。
    路線バスの降車ボタンをめぐる乗客
    同士の謎の競争。勝者は誰だ?
    逆行性健忘症で警察に保護された男には、
    二人の妻がいた!?
    六編のどんでん返しが、あなたを離さない。

    【目次】
    同級生(乾くるみ)/絵本の神さま(大崎梢)/
    掌の中の小鳥(加納朋子)/降霊会(近藤史恵)/
    勝負(坂木司)/
    忘れじの信州味噌ピッツァ事件(若竹七海)

  -----
  ・同級生(乾くるみ)
    売れ子小説家になった同級生の部屋に
    友人が集まることに。
    その高層マンションの1室は、かつての
    同級生が自殺をした部屋ではないかと
    いう話になる。

  ・絵本の神さま(大崎梢)
    地方書店に営業で訪問したのに、閉店
    してしまっていた。
    「平台がおまちかね」でも登場する
    明林書房の営業マン・井辻智紀が主人公。

  ・掌の中の小鳥(加納朋子)
    SCENE1とSCENE2に
    分かれているがつながりがよく
    わかりませんでした。

  ・降霊会(近藤史恵)
    高校の学園祭で死んだペットと会話が
    できるという降臨会に、友達に誘われ
    参加することになった主人公の男子高校生。
    その友人というのは、主人公の
    高校生が妹に自分が飲みたくない薬を飲ませ
    死なせていしまったと思っていた。

  ・勝負(坂木司)
    「最近読んだ本一覧445」の
    「何が困るかって」で既読。

  ・忘れじの信州味噌ピッツァ事件(若竹七海)
    長野県から警視庁捜査共助課に出向している
    御子柴将が主人公。
    「信州味噌ピッツァ」のキーホルダーが
    事件を解くカギになる。


●「海馬の尻尾」 著者:荻原浩  光文社 2018年1月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    二度目の原発事故で恐怖と不安が
    蔓延する社会-
    良心がないとまで言われる男が、
    医療機関を訪ねた…。
    人間、どこまで変われるのか。
    何が、変えるのか。

  -----
  反社会的な考え方を持っているのは
  脳自体に問題があるという場合もある。
  「悪意を感じない」、「恐怖を感じない」
  というのは海馬に問題かあるという。
  暴力団の組員である頼也(らいや)が
  そいういう人物。
  敵対する暴力団員を殺したため、
  命を狙われることになり、雲隠れをする
  ためにしばらく入院して治療をすること
  にする。

●「5分で笑える!おバカで愉快な物語」
  編者:『このミステリーがすごい!』編集部
  宝島社 2016年3月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    累計36万部の「ひと駅ストーリー」
    シリーズと累計12万6000部の
    「10分間ミステリー」シリーズから、
    笑える面白い話を厳選した1話5分で
    読める超ショート・ストーリーの傑作集で、
    TVドラマ『世にも奇妙な物語』で映像化
    された「空想少女は悶絶中」おかもと(仮)、
    「全裸刑事チャーリー」シリーズ・七尾与史
    など、バラエティ豊かでユーモアあふれる
    面白い話、全26選です。

    【目次】
    編集者生命、大ピンチ-原稿取り(柚月裕子)/
    ドS刑事の上をいくぞ、全裸刑事!
     -全裸刑事チャーリー(七尾与史)/
    お前、誰だよ…アパートに居た、
    猫耳・髭面の中年男!
    -猫か空き巣かマイコォか(おかもと(仮))/
    あなたはこの、斜め上のオチを読めるか?
    -斜め上でした(大間九郎)/
    わらしべ長者の若者が手に入れた馬と、
    屋敷を交換してあげたわたしの運命は?
    -わらしべ長者スピンオフ(木野裕喜)/
    ロックスターが餅を詰まらせて死ぬなんて、
    あり得ない!
    -ロックスターの正しい死に方(柊サナカ)/
    鉄道大好き警部の災難-
    海天警部の憂鬱(吉川英梨)/
    黒髪の少女vs.客人たち、妄想大合戦
    -空想少女は悶絶中(おかもと(仮))/
    視線が痛い!浮いちゃってるオレ
    -浮いている男(堀内公太郎)/
    僕の居場所は、どこ?-専用車両(遠藤浅蜊)

  -----
  一番最初の「原稿取り(柚月裕子)」が一番
  面白かったです。
  1つが5分というのは、さらっと読めてよいです。


●「鉄のしぶきがはねる」 著者:まはら三桃  講談社 2011年2月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    工業高校機械科1年唯一の女子、
    冷たく熱い鉄の塊に挑む!
    めざせ「ものづくり」の真髄!
    「高校生ものづくりコンテスト」
    旋盤青春物語。

  -----
  いいなぁ、こういう青春小説。
  三郷心(しん)は実家が町工場であったが
  倒産。
  旋盤を使った古臭い技術を嫌い、
  コンピュータ工学に興味をもち
  工業高校に進んだ。

  しかし、祖父や父と同じ旋盤の世界に
  惹かれだし、「高校生ものづくりコンテスト」
  への出場を目指す。

  「鉄のしぶき」というのは金属の
  削り片のこと。カンナで木を削った削りカスを
  見て、腕が分かるようにしぶきで、
  旋盤の腕が分かるということです。


●「この部屋で君と」 著者:朝井リョウ、越谷オサムほか  新潮社 2014年8月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    誰かと一緒に暮らすのはきっと
    すごく楽しくて、すごく面倒だ。
    「いつかあの人と同じ家に住めたら
    いいのに」
    「いずれこの二人暮らしは終わって
    しまうんだろうか」
    それぞれの想いを抱えた腐れ縁の
    恋人たち、趣味の似た女の子同士、
    傷心の青年と幼い少女、出張先の
    上司と後輩、住みついた妖怪と僕……
    気鋭の作家8名がさまざまな
    シチュエーションを詰め込んだ
    ひとつ屋根の下アンソロジー。

    【目次】
    それでは二人組を作ってください(朝井リョウ)/
    隣の空も青い(飛鳥井千砂)/
    ジャンピングニー(越谷オサム)/
    女子的生活(坂木司)/鳥かごの中身(徳永圭)/
    十八階のよく飛ぶ神様(似鳥鶏)/
    月の沙漠を(三上延)/
    冷やし中華にマヨネーズ(吉川トリコ)

  -----
  ・それでは二人組を作ってください(朝井リョウ)
   「最近読んだ本一覧475」の
   「何様」のうちの1編。

  ・隣の空も青い(飛鳥井千砂)
   製菓会社の営業マンが技術者である先輩と
   韓国に出張に行くことになる。
   そのホテルが、まるで同棲をできるようは
   部屋であった。

  ・ジャンピングニー(越谷オサム)
   漫画家を目指す主人公と
   プロレスラーの同棲。

  ・女子的生活(坂木司)
   「最近読んだ本一覧474」で読んだ表題作。

  ・鳥かごの中身(徳永圭)
    自分の部屋に帰ると隣の部屋に
    住む小学生の女の子が玄関先に座り
    こんでいた。
    母親と二人暮らしだか、母親が
    帰って来ないという。

  ・十八階のよく飛ぶ神様(似鳥鶏)
    自宅でくつろいでいると、TVから
    「群馬県前橋市にお住いの田端紺丸さん。
     ビールを置いて直ちにその部屋から避難
     してください。」という放送が流れだす。
    自分の名前が呼ばれていると気付いた
    紺丸の元に、神さまがやってくる。

  ・月の沙漠を(三上延)
    東京大空襲で妹を亡くした主人公。
    妹の婚約者と一緒に暮らすことになる。

  ・冷やし中華にマヨネーズ(吉川トリコ)
    イラストレーターとバンドマンの同棲。
    30代を過ぎ、40代の声が聞えてき
    そうなとき、もういい加減に2人の生活に
    耐えかね、同棲を解消しようとする。


●「ノーマンズランド」 著者:誉田哲也  光文社 2017年11月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    またしても同僚の殉職を経験し、
    心身に疲弊の残る姫川玲子が入った
    のは、葛飾署管内で起こった若い
    女性の殺人事件捜査本部。
    心機一転、捜査に集中する玲子だったが、
    すぐに行き詰まってしまう。
    有力な被疑者がすでに別の所轄に
    逮捕されており、情報が流れて
    こないのだ。
    玲子は、あらゆる伝手をたどり、
    事件の全体像を探りはじめるが…。

  -----
  相変わらず、誉田さんの拷問の描写は
  グロい。ちょっと慣れてきた自分が怖い。

  北朝鮮により拉致問題を題材にした作品。
  20年近く前に女子高校生が北朝鮮に
  拉致され、その実行犯を元恋人が復讐する
  というのが大筋。

  さて、実際の北朝鮮問題は、どういう
  方向に行くのだろう?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.01

最近読んだ本一覧514

●「ユートピア」 著者:湊かなえ  集英社 2015年11月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    地方の商店街に古くから続く仏具店の
    嫁・菜々子と、夫の転勤により社宅
    住まいをしている妻・光稀。
    そして移住してきた陶芸家・すみれ。
    美しい海辺の町で、三人の女性が出会う。
    自分の居場所を求めて、それぞれの
    理想郷を探すが-。

  -----
  とある海辺の街で起きた殺人事件。
  その殺人事件からしばらく経過し、
  その現場の土地を買い取り、芸術家たちが
  芸術の村を立ち上げた。
  そのなかの一人が陶芸家のすみれ。

  菜々子の娘(小1)は車椅子生活をしていて、
  光稀の娘(小4)が面倒を見てくれ、よく一緒に
  遊んでいる。

  光稀の娘が菜々子の娘のことを書いた詩が
  新聞に紹介され、この詩とコラボした
  陶芸作品を売り出し、車椅子生活をする人
  たちに寄付をしようと
  すみれが発案する。

  この町はユートピアなのか。


●「ひとりじゃなかよ」 著者:西本喜美子  飛鳥新社 2016年7月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    テレビやTwitterで騒然!
    心温まる熊本弁の詩と幻想的な写真の数々。
    衝撃的な自撮りで世界中を驚嘆させた
    88歳おばあちゃん写真家の初写真集!

    【目次】
    カレンダー/夕日/山/あんたにだんだん/
    洗顔/頑張る/化粧/一番好き/
    人の心/空〔ほか〕

  -----
  ネットで知ったおばあちゃん写真家。
  自撮りのおばあちゃんがとてもかわいらしいです。
  ゴミになってみたり、洗濯物なってみたり、
  サルになってみたり。

  旦那さんや写真教室を
  開いている息子さんの影響もあったのか
  70歳を過ぎてから、写真を始めた
  おばあちゃん。

  「始めるのには遅すぎる」という言い訳は
  単なる言い訳という気がしてきます。


●「わたしたちは銀のフォークと薬を手にして」
  著者:島本理生  幻冬舎 2017年6月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    特別じゃないわたしたちの、特別な日常
    『ナラタージュ』『Red』の著者が描く、
    新たな恋愛小説。

    「どこへ行きましょうか」
    「どこへ行くか」
    30歳の私は、あの日、夕方の春の海辺で、
    どこへ行けるか分からない恋を始めた。
    限られた時間の中にいる男女の行く
    末を描いた、渾身の恋愛小説。
    年上のエンジニア・椎名さんと仕事先で
    出会った知世。美味しいものを一緒に
    食べる関係から、少しずつ距離が近く
    なっていったある日、椎名さんは衝撃の
    告白をするが……。

    【目次】
    蟹と、苺と金色の月/桜、生しらす、春の海/
    雨の映画館、焼き鳥、手をつなぐ/
    大阪の夜、キス、海老を剥いて/
    ハートランド、女子旅、富士山/
    SL列車、永い夜、鹿と目が合う/
    黒ホッピー、二股、特別じゃない私たち/
    日曜日のお好み焼き、紅葉、夫婦だった/
    バーの男女たち、飯田ちゃんの憂鬱/
    お洒落なカフェ、告白、銀の匙/
    排水溝、冬の終わり、まっしろ/
    石垣島、新婚、夢の話をしよう

  -----
  自分の好きになった人がエイズと知ったら。
  さて、自分はどうするだろうか。
  自分の家族にもどう伝えるだろうか。


●「QJKJQ」 著者:佐藤究  講談社 2016年8月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    市野亜李亜(いちのありあ)は十七歳の
    女子高生。猟奇殺人鬼の一家で育ち、
    彼女自身もスタッグナイフで人を
    刺し殺す。猟奇殺人の秘密を共有
    しながら一家はひっそりと暮らして
    いたが、ある日、亜李亜は部屋で
    惨殺された兄を発見する。その直後、
    母の姿も消える。亜李亜は残った父
    に疑いの目を向けるが、一家には
    更なる秘密があった。

    「平成のドグラ・マグラ」
    「ものすごい衝撃を受けた」
    選考委員たちにそう言わしめた、
    第62回江戸川乱歩賞受賞作。

  -----
  なんなんだろう、この読ませる力は。
  文章もちょっと難しいんだけど、
  どんどん引き込まれて行きます。
  最後は、何がなんやらわからなくなるけど。

  設定がまず、奇抜。
  本人、父母、兄ともに猟奇殺人鬼。
  その一家の兄が殺され、母も行方不明になる。

  一家の謎に迫る主人公。

  過去の殺人事件の被害者が自分だと知る。

  父親だと思っていた人物は誰なのか。
  殺人を突き詰めたお話です。


●「山猫珈琲 上巻」 著者:湊かなえ  双葉社 2016年12月
 「山猫珈琲 下巻」 著者:湊かなえ  双葉社 2017年1月
     

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    (上巻)
    「山」「猫」「珈琲」は著者がとても
    好きで大切にしているもの。
    これらに励まされ、また癒され日々の
    執筆活動に励んでいるという。
    上巻は、朝日新聞、神戸新聞、日経新聞
    などに連載されたエッセイを収録。
    デビューから10年を振り返る、
    湊かなえの初エッセイ集!
    特別収録/同郷のポルノグラフィティの
    楽曲『Aokage』をイメージした
    掌編小説。

    【目次】
    第1部 新聞連載(随想ー神戸新聞/
    オトナになった女子たちへー朝日新聞/
    イッツ ア ワンダフルジャーニー
    -神戸新聞/
    プロムナード-日本経済新聞/
    作家の口福-朝日新聞/
    猫派ですが、-朝日新聞)

    (下巻)
    下巻は、様々な雑誌に書いたエッセイや、
    シナリオ公募から小説家デビューまでを
    綴った連載など。
    デビューから10年を振り返る、湊かなえの
    初エッセイ集!
    特別収録/脚本コンクール受賞作
    「ラスト・エレベーターガール」
    「答えは、昼間の月」。

    【目次】
    第2部 お題いろいろ(わたしの一日/
    始まりは五・七・五/運命の再会/
    コーヒー革命/小さな島の本屋さん ほか)/
    第3部 デビュー前夜(作家への道/
    妹たちへ/「第2回BS-i新人脚本賞」
    佳作受賞作『ラスト・エレベーターガール』/
    「第35回創作ラジオドラマ大賞」
    大賞受賞作『答えは、昼間の月』)

  -----
  湊さんは普通の主婦だったのですね。
  ポルノグラフティと一緒の因島出身。
  淡路島に住んで、主婦をしていたときに
  なにかしようと思い、脚本を書き始めた
  ことなど。

  作風からもっともっと、奇抜な人かと
  思っていました。


●「とうもろこしおばあさん」
  著者:秋野和子 絵:秋野亥左牟  福音館書店 2005年9月
    

  ~Amazon.co.jpの商品説明から引用~
    むかし、アメリカに住むインディアンは、
    男たちは、野牛をとり、女たちは、いもを
    掘って暮らしていました。あるとき、小さな
    村に、ひとりのおばあさんがやってきて、
    「ここに ひとばん とめてくださらんか」
    とたのみました。インディアンの若者は、
    こころよくおばあさんを泊めてあげました。
    つぎの日、大人たちが、狩りやいも掘りに
    出かけてしまうと、おばあさんはテントの中で、
    なにやらおいしそうなものを作りました。
    それは、今まで見たこともないパンでした。
    みんなで食べてみると、とてもおいしいのです。
    「やぎゅうでも、いもでもない。なんだろう、
    このおいしいものは」と聞くと、
    「それは、とうもろこしというもんだよ」と
    おばあさんは、答えてくれました。
    でも、どこで手に入れたかは、どうしても
    教えてくれませんでした。ふしぎに思った
    若者は、ある日、狩りに出かけたふりをして、
    戻ってくると、こっそりテントの中をのぞいて
    みました。すると、中ではおばあさんが……。

    とうもろこしは、どのようにして、インディ
    アンに伝わったのでしょうか?
    アメリカ・インディアンに伝わる不思議な
    お話を、お楽しみ下さい。

    読んであげるなら4才~、
    自分で読むなら小学校初級むき。

  -----
  湊かなえさんのエッセイ「山猫珈琲 下巻」で
  湊さんが「こわい」と書いていた絵本。
  「鶴の恩返し」のインディアンバージョンだと。

  とても気になって手に取ってみました。
  絵のおばあさんはかわいい感じのするおばあさん。
  悪く言えば、「ルパン三世ルパンvs複製人間」に
  登場するマモーみたい。

  そのおばあさんがトウモロコシを作り出す
  方法がちょっと怖い。
  あと、若いインディアンにさせたことも怖いです。


●「8月のソーダ水」 著者:コマツシンヤ  太田出版 2013年5月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    海辺の街に住む少女・海辺リサの
    周りは、いつも不思議で素敵な
    できごとがいっぱい。
    浜辺に流れ着いたへんてこなバイオリン、
    うっかり空から落ちてきたゴーグルの少年、
    蜃気楼の彼方に浮かぶ幻の都市……。
    清涼なイメージがソーダ水のように
    はじける表題作『8月のソーダ水』、
    そして「高知新聞」に連載された
    ナンセンスユーモアマンガ
    『うわのそらが丘より』を収録!

  -----
  パラパラっと見た絵が、淡い色使いでとても
  綺麗で、私がずっと行きたいと思っている
  ミコノス島の街に似ているので、
  読んでみる事にしました。

  あとがきで、ミコノス島やサントリーニ島を
  モデルにしていると知り、納得。

  あと、コマツシンヤさんは高知出身の
  イラストレーターだということを知りました。
  他の作品も読んでみたいです。


●「サラリーマン川柳 なっとく傑作選 30回記念版」
 編者:やくみつる、やすみりえ  NHK出版 2017年5月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    サラ川30年の集大成。
    歴代のなるほど、なっとく、
    なけちゃう川柳がてんこ盛りの保存版。

  -----
  サラ川って、本当に時代の鏡ですね。
  古いサラ川を読んでいると、その時の
  時代を思いださされます。


●「「すぐやる人」のノート術」 著者:塚本亮  明日香出版社 2018年1月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    頭の中であれこれ考えていると、
    結局は何も動けなかったりする。
    すぐやる人は、ノートというツールを
    使い、思考の整理を行ったうえで、
    実行に移しているもの。
    著者が高校時代からつけている2つの
    ノート術を軸に、実行力の高まる
    ノートのつけ方を紹介。

    劇的に行動力を上げる秘訣は、
    ノートのとり方にあった!
    勉強嫌いがケンブリッジ入学、
    活躍できた。自分を動かす「仕組み」
    の作り方。

    【目次】
    第1章 ノート1冊で時間が3倍になる!/
    第2章 仕事がサクサク進む!
    タスコンノート/
    第3章 1日5分で行動を加速させる!
    リフレクションノート/
    第4章 打ち合わせ・会議・勉強会で役立つ!
    トリニティノート/
    第5章 モヤモヤを解消して心を軽くする!
    クレンジングノート/
    第6章 もっと行動したくなる!
    トリガーノート

  -----
  タスク管理をいかに効率的に漏れなく行うか。
  仕事の効率を上げるためやミスをなくす
  ためには大事なことだと思います。


●「相手をイラッとさせない! メールの好感度を上げるマナー&文例」
  著者:杉本祐子  主婦の友社 2018年1月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    メールを読んでいてイラッとした、
    ムッとした…だれもがそんな経験を
    しています。反対に、送ったメールで、
    相手を怒らせたり、叱られたり…
    こうした経験もお持ちでしょう。
    パソコンと携帯電話の普及で、
    だれもが使うようになったメール。
    問題は、手紙などのように、マナー
    およびルールが定まっていない
    ところにあります。
    「どうすればいいのか、だれか教えて!」
    そんな読者の声から生まれたのが
    本書です。ビジネスだけでなく、
    プライベートの文例もあるので、
    ご活用を。

  -----
  仕事のメールでも個人的なLINEとかでも
  イラっとくる文面は多々あります。
  なんか、悪意や嫌味を感じるんですよね。
  自分は感じなくても、他の人は感じるという
  こともあります。

  そういう文面にならないように気を付けては
  いるのですが…。
  あと仕事のメールではとにかく読みやすく
  理解し、即座に判断してもらえるような
  内容にするように気をつけてはいます。
  これがなかなか難しいし、時間がかかる。
  生産性を良くするために、ささっと
  返した内容はそっけなく冷たい感じになって
  しまいます。
  この中間をとるのが、さらに難しいですね。


●「十歳までに読んだ本」 著者:西加奈子、益田ミリほか
  ポプラ社 2017年7月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    子どものころ、どんな本を読みま
    したか?心を揺さぶられた物語、
    勇気をもらった言葉、憧れの主人公
    -作家、女優、映画監督ら70名が、
    今も心に残っている本について綴ります。

    【目次】
    1 絵本(エジプトのミイラ(西加奈子)/
    おおきなかぶ(佐藤ジュンコ) ほか)/
    2 日本の物語(あんじゅとずしおう(畠中恵)/
    いやいやえん(平松洋子) ほか)/
    3 エッセイ・ノンフィクション・マンガ
    (ねしょんべんものがたり(稲垣えみ子)/
    ファーブル昆虫記(海堂尊) ほか)/
    4 世界の物語(家なき子(三田村信行)/
    大どろぼう ホッツェンプロッツ(栗田有起)
     ほか)/
    5 小説・詩(はつ恋(藤谷治)/
    見えないものの影(誉田哲也) ほか)

  -----
  小説家かと思いきや、途中でプロレスラーの
  小橋さんが出てきてびっくり。
  プロフィールをみると、写真家とか、
  映画監督とか多彩なメンバ。
  女優の杏さんもありました。

  私が10歳までに読んだ本…。
  小学生のことは本はあんまりよまなかったん
  だよな。
  夏休みの読書感想文のためにしかたなく
  読むくらい。

  小さい時に読んだ絵本で好きなのは、
  「からすのパン屋さん」
  「おおきなおおきなおいも」

  小学生の時に読んで印象の残っているのが、
  「チョコレート戦争」
  「こちらマガーク探偵団」
  「宝さがしの子どもたち」

  もっと世界的に”文学的な名作”といわれるものを
  読んでおけばよかったと思います。


●「きくち駄菓子屋」 著者:かさいまり 絵:しのとうこ
  アリス館  2018年1月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    なかなか友だちができないぼく。
    でも引っ越してきて、最初にできた
    友だちは、きくち駄菓子屋のじいちゃん。
    うれしいときも、悲しいときもずっと
    じいちゃんがそばにいてくれた。

  -----
  読む本がなくて、さちょ用に借りてきた
  新刊の児童書。
  転校先で友達ができない主人公。
  近所にある駄菓子屋に通い、おこずかいが
  あれば駄菓子を買い、なければお菓子を眺める
  毎日。
  その駄菓子屋のおじいちゃんと会話を
  交わす様になる。
  ある日学校で、クラスメイトが駄菓子屋の
  悪口っぽい話をしていて、それに意見した
  ことで、クラスメイトと打ち解ける主人公。
  しかし、おじいさんとの別れは突然やって
  くる。

  児童書ですが、ライトノベル的なストーリー
  展開でもあるような気がします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.14

最近読んだ本一覧513

●「皇帝の漢方薬図鑑(じほう図鑑シリーズ)」
  著者:木村美紀 絵:三木謙次
  じほう 2017年6月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    ●じほう図鑑シリーズ第3弾!
    ●漢方薬がゆるくて不思議なキャラクターに!
    ●くすりを学ぶおとぎ話のような絵巻物的大図鑑

    『王様のくすり図鑑』、『王子様のくすり図鑑』に
    続く、「じほう図鑑シリーズ」の第3弾。
    おとぎ話のように漢方薬(和漢)の世界を表現した
    『皇帝の漢方薬図鑑』。

    主人公の女の子は、漢方皇帝とともに、
    「頭ノ国」、「腹ノ国」といった漢方の国を
    旅します。それぞれの国では「ショウジョウ」と
    呼ばれる小さな生き物たちが「かぜ」や「便秘」
    などで悩まされています。
    そこに現れるのが、構成生薬などの特徴をもとに
    描かれた「漢方薬キャラクター」。
    「仙人」、「精霊」、「神仏」など不思議な
    チカラを感じさせつつも、ユーモラスな姿で、
    ショウジョウを症状から救います。

    キャラクターファイルでは、登場する全54種類
    の漢方薬キャラクターをポイントを絞って平易に
    解説。また、「漢方薬の基礎知識」の章では
    生薬30種類を写真つきで解説しています。
    老若男女、幅広い読者にむけた、楽しくてために
    なる一冊です。

    【目次】
    1 頭ノ国/2 腹ノ国/3 総身ノ国/
    4 肌ノ国/5 婦人ノ国/6 心ノ国/
    漢方薬の基礎知識/
    生薬の基礎知識 生薬画像と解説/
    漢方薬キャラクターファイル

  -----
  これは面白い。
  西洋の薬と違い文学的な感じがします。
  名前の付け方も知らなかった。

  頭痛や気持ちが落ち着かないとき、
  漢方薬を使ってみようかなという
  気持ちになりました。


●「破壊者の翼 戦力外捜査官」 著者:似鳥鶏  河出書房新社 2017年11月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    首都・東京に、最凶の敵“鷹の王”
    降臨!!ボウガンで無差別に襲い
    かかる殺人ドローンに、
    凸凹コンビはどう立ち向かうのか!?

  -----
  ドローンで身代金が奪われたり、
  ドローンからボウガンで撃たれたり。
  主要な橋が爆破され、あと、コンク
  リートを壊すという菌までばらまか
  れるという始末。
  電気も止まったら、東京はもうアウト
  ですね。
  テロでこのような状況が発生したら、
  どうなるんでしょうね。日本は。


●「幸せになる百通りの方法」 著者:荻原浩  文藝春秋 2012年2月
    

  ~Amazon.co.jpの商品説明から引用~
    オレオレ詐欺の片棒担ぎ、
    突然歴女化した恋人、
    自己啓発書を読み漁って空回る若き
    サラリーマン、
    お見合いパーティに参加しても動物の行動を
    観察するように冷静になってしまう三十代女性、
    リストラされたことを家族に言い出せない
    二代目ベンチマン…
    この時代を滑稽に、しかし懸命に生きる人々を
    短篇の名手が描いた、ユーモラス&ビターな
    七つの物語。

  -----
  一つ一つがとても丁寧に書かれているような
  感じがする短編集です。

  お見合いパーティに参加して、運営担当の
  男性に交際の申し込みをするエンディングが
  とても好きです。


●「いつまでも見ていたい夢の風景
   世界でいちばん美しい街、愛らしい村
    ~拡大版~」
  著者:MdN編集部  エムディエヌコーポレーション 2017年8月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    いつか行きたい、もう一度訪れたい、
    美しい街と村に出会える。おとぎの国に
    迷い込んだような街と村、小さくて
    かわいらしい村、カラフルなあるいは
    不思議な光景、美しい広場など、本を
    片手に旅に出たくなるような街と村が
    いっぱい!

    【目次】
    おとぎの国のような街と村/
    小さなかわいらしい村/
    水のある風景/
    美しい緑に囲まれた街と村/
    カラフルで楽しい風景/
    花を愛でる街と村/
    どこか不思議な風景/
    美しい広場のある街/
    美しい海とともにある街と村

  -----
  見ていて本当に癒されます。
  こういう風景が世界には存在しているんだ。
  ジブリの世界のような街並み。

  ミコノス島には死ぬまでに本当に行きたい。
  青い空と海、白い建物に囲まれたいです。


●「君を愛したひとりの僕へ」 著者:乙野四方字  出版社 2016年Z9月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    人々が少しだけ違う並行世界間で
    日常的に揺れ動いていることが
    実証された世界-両親の離婚を
    経て父親と暮らす日高暦は、
    父の勤務する虚質科学研究所で
    佐藤栞という少女に出会う。
    たがいにほのかな恋心をを抱く
    ふたりだったが、親同士の再婚話が
    すべてを一変させた。
    もう結ばれないと思い込んだ暦と
    栞は、兄妹にならない世界へ
    跳ぼうとするが…彼女がいない
    世界に意味はなかった。

  -----
  並行世界が存在する世界。
  栞が死んでしまった世界で栞が一生幸せに
  暮らす方法を模索する暦。

  対の作品である「僕が愛したすべての君へ」を
  早く読みたいです。


●「名作なんか、こわくない」 著者:柚月麻子  PHP研究所 2017年12月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    本は女の最大の武器--。
    若手人気作家を夢中にさせ、
    今をつくった古今東西の名作を紹介。
    その魅力を味わい尽くす「読書エッセイ」。

    『ランチのアッコちゃん』『BUTTER』の
    著者による初のエッセイ集。
    『悪女について』『白鯨』からカズオ・イシグロ
    の『日の名残り』まで、読んだ人も、これから
    読む人も、読むつもりがない人も、
    みんなが楽しめる名作案内。

    【目次】
    フランス文学篇(『女の一生』
    ギ・ド・モーパッサン-信じることをあきらめないエネルギー/
    『ボヴァリー夫人』
    ギュスターヴ・フローベール-何不自由ない主婦が破滅へ
    まっさかさま ほか)/
    日本文学篇(『放浪記』林芙美子-胸をつかまれる
    キーワードが満載/
    『悪女について』有吉佐和子-読まなければ損をする
    物語 ほか)/
    イギリス文学篇(『高慢と偏見』
    ジェイン・オースティンー十八世紀に生まれた
    元祖ラブコメディ/
    『お菓子とビール』サマセット・モームー我慢せず、
    日々を謳歌する妻の可愛らしさ ほか)/
    アメリカ文学篇(『緋文学』
    ナサニエル・ホーソンー悪評が魅力や財産に
    変わる時/
    『風と共に去りぬ』マーガレット・ミッチェル
    -欲望に正直な女の子を肯定してくれる男性 ほか)

  -----
  立教大学文学部フランス文学科卒業だけあって、
  フランス文学に注ぐ情熱がすごい。

  私は、エセ読書家なので、柚月さんが紹介している
  名作はひとつも読んでいません。
  ダメだなぁ。


●「デキる人は頼み方がうまい」 著者:三橋志津子  河出書房新社 2013年9月
    

  ~Amazon.co.jpの商品説明から引用~
    仕事の成果は頼み方で決まる!
    準備に始まり、アプローチ時の注意点、
    難題を聞いてもらう技術、断られた場合の
    リカバリー術…など、相手を“その気”
    にさせる依頼のルールと極意が満載。

    初めての相手、急ぎの仕事、無理なお願い
    …先方から「YES」を引きだす、
    “頼みごと”の基本とテクニック!!

  -----
  ホント、人への頼み方ひとつで仕事の進み具合が
  違いますよね。
  お願いしたことをやってもらえるか、もらえないか
  がいちばん大事だけど、気持ちよくやってもらえるかも
  大事だと思います。


●「冥途あり」 著者:長野まゆみ  講談社 2015年7月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    川辺の下町、東京・三河島。
    そこに生まれた父の生涯は、
    ゆるやかな川の流れのように
    つつましくおだやかだった-。
    そう信じていたが、じつは思わぬ
    蛇行を繰り返していたのだった。
    亡くなってから意外な横顔に触れた
    娘は、あらためて父の生き方に
    思いを馳せるが…。
    遠ざかる昭和の原風景とともに
    描き出すある家族の物語。

    【目次】
    冥途あり/まるせい湯

  -----
  第43回泉鏡花文学賞受賞、第68回野間文芸賞受賞。
  ノスタルジックな感じもする純文学です。
  亡くなった父親のことを思いだしました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.01

最近読んだ本一覧512

●「ツナグ」 著者:辻村深月  新潮社 2010年10月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    突然死したアイドルに。
    癌で逝った母に。
    喧嘩したまま亡くなった親友に。
    失踪した婚約者に。死者との再会を
    望むなんて、生者の傲慢かもしれない。
    間違いかもしれない。
    でもー喪ったものを取り戻し、生きる
    ために会いにいく。
    -4つの再会が繋いだ、ある真実。
    新たな一歩を踏み出す連作長編小説。

  -----
  2012年に松坂桃李主演で映画化された作品。
  死者との間を取りもつ使者(ツナグ)。
  その力を祖母から受け継いだ主人公の
  男子高校生・渋谷歩美。

  最初のほうの章は、ツナグに依頼をした人の
  観点で書かれています。
  急死したアイドルに会いたいOL。
  自分の母に会いに行く初老にの男性。
  その後、歩美と祖母に視点を当て、
  ツナグ側からつながれる側の人物を
  見ています。
  これがとてもよいです。
  歩美は父母を小さい時に亡くしています。
  父が母を殺して、父は自殺したと言われて
  いたのですが、その真相も明らかになります。

  感動して、ジンとしたのだけど、どうもスッキリ
  しないことが1点。
  初老の男性が合いに行った母も20年近く前に
  ツナグによって亡くなった自分の夫に会ったらしい。
  夫が亡くなった後に生まれた孫に会わせたくて。
  とても感動的なんですが、ツナグを使って
  死者に会えるのは一回、死者になって存命している
  人に会えるもの一回。
  この孫は2歳なんだけど、自分が会いたいって
  思う人が出てきた場合に、もう会えないん
  じゃないかなと思います。


●「襲名犯」 著者:竹吉優輔  講談社 2013年8月
    


  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    十四年前、関東の地方都市で起きた
    連続猟奇殺人事件。ルイス・キャロルの
    詩を下敷きにしたかのような犯行から
    「ブージャム」と呼ばれた犯人は、
    六人を殺害した後、逮捕される。
    容姿端麗、取り調べにも多くを語らず、
    男を英雄視する熱狂的な信奉者も生ま
    れるが、ついに死刑が執行された。
    そしていま、第二の事件が始まる。
    小指を切り取られた女性の惨殺体。
    「ブージャム」を名乗る血塗られた
    落書き。十四年前の最後の被害者、
    南條信の双子の弟、南條仁のもとへ
    「襲名犯」からのメッセージが
    届けられる……。
    惨劇はなぜ繰り返されるのか?
    現在と過去を結ぶ事件の真相とは?
    第59回江戸川乱歩賞受賞作!

  -----
  江戸川乱歩賞受賞作ということで手に取りました。
  「ブージャム」を崇拝する気持ちがよく
  わからない。。。
  崇拝する気持ちに共感ができるような
  内容であれば、ストーリー展開は面白いので
  もっと楽しめたと思います。


●「四月になれば彼女は」 著者:川村元気  文藝春秋 2016年11月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    音もなく空気が抜けるように、
    気づけば「恋」が人生から消えている。
    そんな時僕らはどうすべきか?
    夢中でページをめくった。
     --新海誠(アニメーション監督)

    イノセントかつグロテスクで、
    ずっと愛を探している。
    川村元気そのもののような小説でした。
     --星野源(俳優・音楽家)

    4月、はじめて付き合った彼女から
    手紙が届いた。
    そのとき僕は結婚を決めていた。
    愛しているのかわからない人と--。

    天空の鏡・ウユニ塩湖にある
    塩のホテルで書かれたそれには、
    恋の瑞々しいはじまりとともに、
    二人が付き合っていた頃の記憶が
    綴られていた。
    ある事件をきっかけに別れて
    しまった彼女は、なぜ今になって
    手紙を書いてきたのか。時を同じく
    して、1年後に結婚をひかえている
    婚約者、彼女の妹、職場の同僚の
    恋模様にも、劇的な変化がおとずれる。
    愛している、愛されている。
    そのことを確認したいと切実に願う。
    けれどなぜ、恋も愛も、やがては
    過ぎ去っていってしまうのか--。
    失った恋に翻弄される12カ月が
    はじまる。

    胸をえぐられる、切なさが溢れだす
    『世界から猫が消えたなら』
    『億男』の著者、2年ぶりの最新刊

    あのときのわたしには、自分よりも
    大切な人がいた。それが、永遠に
    続くものだと信じていた。

    【目次】
    四月になれば彼女は/五月の横顔/
    六月の妹/七月のプラハ/八月の嘘/
    九月の幽霊/十月の青空/十一月の猿/
    十二月の子供/一月のカケラ/
    二月の海/三月の終わりに彼は

  -----
  表紙のウユニ塩湖の写真が綺麗。

  純粋な恋愛小説。
  読んでいて、自分の中で情景がはっきりと
  イメージできる作品は久しぶり。
  主人公の藤代俊。近々同棲している
  弥生と結婚する。
  しかし、藤代も弥生も自分たちの結婚に
  ついて、いろいろと考え始めていた。

  そんな中、大学時代の恋人・伊与田春(ハル)
  から突然、手紙が届く。

  写真部のメンバとして知り合い、付き合いだした
  大学時代のことを思いだす藤代。

  そして、ハルが病死したことを知る。

  突然、弥生が家から出て行方不明になる。
  最後にハルから届いた手紙が、弥生の
  部屋から出てくる。

  ハルと旅行したインドで見逃してしまった
  カニャークマリの海で見る朝日こととが
  手紙に書かれ、その手紙には渋谷に
  撮影に行ったときにハルが撮った藤代の
  笑顔の写真が同封されていた。

  弥生がカニャークマリの海に行ったのでは
  ないかと思い、インドに向かう藤代。
  弥生との関係はどうなるのか?

  --
  藤代の笑顔の写真や
  カニャークマリの海にたどり着くまでの
  道すがらのお土産物屋の情景がなぜか、
  はっきりと頭に浮かびました。

  映像化も実現しそうな作品でした。


●「美しい日本の廃墟 いま見たい日本の廃墟たち」
  著者:ヨウスケ,マツモトケイイチロウ,腐肉狼
  エムディエヌコーポレーション 2016年8月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    廃墟の王道である軍艦島をはじめ、
    時代に取り残された炭鉱、経営難に
    より放棄された遊園地やホテル、
    戦争の歴史が生み出した施設、人の
    移動や減少により棄てざるをえなかった
    学校や集合住宅など、日本各地に
    眠る美しい廃墟を厳選し一冊に
    まとめました。アクセスガイド付き!

    【目次】
    1 かつて繁栄した街にあった日常の面影
      -学校、病院その他公共施設の廃墟/
    2 楽しい時間や癒しのひと時を提供
      していた施設の末路
      -ホテル、観光レジャー施設の廃墟/
    3 日本のエネルギー供給を支えた
      歴史の産物
      -炭鉱・鉱山の廃墟/
      その威容な姿から軍艦に例えられた
      炭鉱の島-軍艦島/
    4 人々が日々の生活を営んでいた
      温もりのあった場所
      -集落・集合住宅の廃墟/
    5 日本の産業を支え、生活を豊かにした
      施設の引退後の姿
      -工場・発電所の廃墟/
      原子力発電所の事故により街全体が
      廃墟となった地-チェルノブイリ

  -----
  ラピュタ風の世界があったり、
  ホラー映画に出てきそうな風景だったり。

  1つ1つの施設の写真が、数枚なので、
  もっとたくさんの写真を見たいです。


●「王様のくすり図鑑(じほう図鑑シリーズ)」
  著者:木村美紀 絵:ハマハウス
  じほう 2016年2月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    ●王様のからだの中で働く、
    くすりたちを個性的なキャラクターで
    描いた、絵巻物的大図鑑!

    痛み止めひとつをとっても何種類も
    ある、くすり。
    何がどう違うのか、身近だけどよく
    わからない世界を、楽しくわかる絵本
    のようにしたビジュアル図鑑です。
    くすりの王様に連れられるがまま進む
    と、王様のからだの中には、なんと
    工事現場やスポーツジムが!
    コンサートやお祭りも開催されて
    います。
    そこで主人公は体内で奮闘する
    エキセントリックな姿をしたくすり
    たちと出会います。
    活躍するくすりのキャラクターは
    全58種類。登場する個性的なくすり
    たちのプロフィールも満載!
    みんなが知っている(飲んでいる)
    くすりが、どんなキャラクターで
    登場するのか。楽しみながらくすりの
    働きや特長がわかりちょっぴりくすり
    の知識も身につく1冊です。

  -----
  最初、「王子様のくすり図鑑」の存在を
  知って、王様があることを知りました。
  もっといろんな薬のことを知りたいので、
  第2弾、3弾と出してほしいです。


●「王子様のくすり図鑑(じほう図鑑シリーズ)」
  著者:木村美紀 絵:ハマハウス
  じほう 2017年1月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    ●たたかえ!“子どものくすり”たち
    ●“子どものくすり”がRPG風の
    キャラクターになってくり広げる大活劇!
    ●“子どものくすり”と病気を楽しく
    学べる、じほう図鑑シリーズ第2弾!

    主人公であるくすりの国の王子様は、
    「かぜ」に襲われた街、「感染症」の
    ひろがる森など、病気や体をモチーフに
    した世界を旅します。そこに登場するのは
    “子どものくすり”たち。魔道士や戦士
    や格闘家など、効能をはじめとした
    特徴をファンタジー世界の住人に置き
    換えられたキャラクターが大活躍を
    見せます。
    くすりのキャラクター全51種類と
    病原体モンスター全15種類を1ページ
    ごとで紹介する、後半のキャラクター
    ファイルでは、よりわかりやすく、
    そして楽しく、くすりたちを解説して
    います。“子どものくすり”が好きに
    なって、おまけに知識も身につく
    ビジュアル図鑑です。

    ≪登場するくすりと疾患の一例≫
    発熱・頭痛:カロナール/
    インフルエンザ:タミフル/
    おたふくかぜ:おたふくかぜワクチン/
    風しん、麻しん:MRワクチン/
    ぜんそく:ホクナリン/
    アトピー:ヒルドイド/
    外耳炎・中耳炎:メイアクト/
    結膜炎:タリビッド/
    吐き気:ナウゼリン/
    下痢:ロペミン/
    発疹、あせも:キンダベート/
    とびひ:ケフレックス/
    貧血:インクレミン/
    ぎょう虫症:コンバントリン

    【目次】
    1 かぜの章-はじまりの街/
    2 感染症の章-うごめく森/
    3 アレルギーの章-あらぶる山/
    4 のど・耳・目の章-けがれの洞窟/
    5 胃と腸の章-乱れる機械都市/
    6 皮ふの章-ひびわれたオアシス/
    7 最後の章-忘れ去られた空中神殿

  -----
  RPGの解説本を見ているような感じ。
  はりゅやさちょが小さい時に処方されていた
  薬がたくさん出てて、楽しいです。
  メイアクト、ナウゼリン、カロナール等々
  お世話になりました。


●「白ゆき姫殺人事件」 著者:湊かなえ  集英社 2012年7月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    美人会社員が惨殺された不可解な
    殺人事件を巡り、一人の女に疑惑の
    目が集まった。同僚、同級生、家族、
    故郷の人々。彼女の関係者たちが
    それぞれ証言した驚くべき内容とは。
    「噂」が恐怖を増幅する。果たして
    彼女は残忍な魔女なのか、
    それとも-
    ネット炎上、週刊誌報道が過熱、
    口コミで走る衝撃、ヒットメーカーに
    よる、傑作ミステリ長編。

  -----
  湊さん、うまいです。
  週刊誌の記事とSNSの投稿を
  本文からの参考資料にしている構成が
  とても斬新です。

  朝井リョウさんの「何者」もそうですが、
  SNSを使った小説が多くなってきましたね。
  あと、十数年経つと、固定電話やポケベルが
  登場しなくなるのと同様に、
  また変わってくるのでしょうかね。

●「仮面の君に告ぐ」 著者:横関大  講談社 2017年12月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    そんな、嘘でしょ……。

    目を覚ませば、身体は別人。
    しかも“私”は一年前に殺されていた?!
    犯人への復讐に燃える恋人を前に、
    果たして何ができるのか。

    涌井和沙は、目を覚ますと病院の
    ベッドにいた。戸惑っているうちに、
    「モリさん、目覚めたんですね」と
    看護師から声をかけられる。
    沸き起こる違和感に鏡をのぞいた
    和沙は驚愕する。そこに映っていたの
    は赤の他人--森千鶴だった。
    意識はそのまま、身体は他人になって
    しまったことにパニックになった和沙は、
    恋人の慎介を頼ろうとするも、
    慎介は自分に気づいてくれない……。
    胸が潰れそうになる中、追い打ちを
    かけるように新たな事実が判明する。
    一年前、涌井和沙は何者かに殺害
    されたというのだ。千鶴の弟・潤の力
    を借り、少しずつ事態を把握していく
    和沙だったが、なにやら慎介が不穏な
    動きを見せ始め……。

    一組のカップルに訪れた、奇跡の十日間。
    そのラストに思わず“震える”再読必至の
    ミステリー!

  -----
  読み終わった途端「騙された~~!!!
  悔しい~~!!横関さんこれはないやろ!」と
  発してしまいました。
  そんな大どんでん返しがあるとは。

  読後感は悪くはないのだけど、
  「くぅぅーーーー、やられた」という気持ちが
  一番強いです。


●「サハラの薔薇」 著者:下村敦史
  KADOKAWA 2017年12月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    エジプトで発掘調査を行う考古学者の
    峰の乗るフランス行きの飛行機が墜落。
    機内から脱出するとそこはサハラ砂漠
    だった。生き残った6名はオアシスを
    目指して砂漠を進み始めるが、
    食料や進路をめぐる争いが生じ……。

  -----
  どんな分野の作品と言えばいいのだろうか?
  ハードボイルド?
  インディージョーンズみたいな感じ?
  なんかとにかくよくわからないまま
  終わってしまいました。

  大昔に「天然原子炉」なるものがあったことを
  知れたのがよかったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.18

最近読んだ本一覧511

●「アンソロジー 隠す」 著者:大崎梢、近藤史恵ほか  文藝春秋 2017年2月
    

  ~amazon.co.jpの商品説明から引用~
    あなたが隠したいものは、なんですか?
    机の中に、記憶の中に、人生のどこかに…
    「隠す」をテーマに描かれる、11の不穏で
    切実な人間ドラマ。

  【目次】
  バースデーブーケをあなたに(大崎梢)
  少年少女秘密基地(加納朋子)
  甘い生活(近藤史恵)
  心残り(篠田真由美)
  理由(柴田よしき)
  自宅警備員の憂鬱(永嶋恵美)
  骨になるまで(新津きよみ)
  撫桜亭奇譚(福田和代)
  誰にも言えない(松尾由美)
  水彩画(松村比呂美)
  アリババと四十の死体&まだ折れてない剣
  (光原百合)

  -----
  「アミの会(仮)」のアンソロジー。

  ・理由(柴田よしき)
    イラストレーター38歳の女・辻内美希が、
    毒舌芸能人の松本コタローを刺した。
    松本が辻内のイラストをけなしたのが
    原因と思われていたが、
    過去に辻内の仕事のパートナーの女性の
    息子の交通事故に関係しているようだ。

  ・自宅警備員の憂鬱(永嶋恵美)
    自宅で学生時代から引きこもりを
    している姉が
    高校生の弟が中学から同じ学校に通う
    優等なの同級生をつれてこっそり帰宅した
    ことに気付く。
    その同級生の行動についておかしい点に
    気がつく。

  ・誰にも言えない(松尾由美)
    アメリカからの留学してきて2か月が経つ
    リンジーから、ホームステイ先の家族の
    夫婦のリンジーへの態度が急によそよそし
    くなったという相談を受ける。
    ホームステイの息子と一緒に出掛けたあと
    からだという。
    スープの入れ物が変わったり、食器洗いの
    手伝いをさせてもらえなくなったり。

  ・撫桜亭奇譚(福田和代)
    埋蔵金伝説がある裏山を買い、
    隠居生活をしていた父が亡くなった。
    父親から不動産会社を継いだ長男が
    弟2人を呼び出し、相続の相談をする。
    相続といっても負債が2億円あり、
    長男が継いだ会社で対応するので、
    弟には相続を放棄するようにという話で
    あった。
    父には、埋蔵金発掘以外に、人には
    言えない趣味があり、それを知っている
    長男は、父の秘密を隠し続けるのであった。
    --
    ちょっとコワイ話です。
    福田さんの作品は、幅が広いな。

  ・骨になるまで(新津きよみ)
    祖母が亡くなった。
    祖母は一度離婚し、二回目の結婚で
    母が生まれたことを知る孫娘。
    祖母には一回目の結婚で息子がいたらしい。
    子ども用の赤い塗り箸と赤い櫛だけを
    持って、婚家から出てきたとのこと。

  ・アリババと四十の死体&まだ折れてない剣
   (光原百合)
    「アリババと四十人の盗賊」と「折れた剣」
    を題材にした創作。

  ・バースデーブーケをあなたに(大崎梢)
    高齢者のケアハウスで暮ら老婆の元に
    毎年の誕生日にMという人物から、
    花束が届く。

  ・甘い生活(近藤史恵)
    子どもの頃から人のものばからよく見える
    主人公・千尋。
    姉のクリームソーダだったり、
    友達の人形だったり千代紙だったり。
    ある日、友達が持ってきたとても綺麗な
    ボールペンがほしくて、盗んでしまう。

    千尋が大学生になり、ふとしたことで
    ネットにそのボールペンの画像をUPする。
    同じ大学に森村というゲイがいて、その青年の
    交際相手が八木宏紀であった。
    人のものを欲しがる千尋は宏紀とデートを
    することに。
    ドライブに出かけた際、あのボールペンの
    ことを尋ねられる。
    そして、あのボールペンは母の物だったと
    告げられる。
    --
    これも怖い話。
    ドルチェヴィータというボールペンを
    妹が無くしたことで家族が崩壊し、そのことで
    復讐をした兄のお話です。


  ・水彩画(松村比呂美)
    画家である母からの愛情を感じずに
    いた娘・塔子。
    大学生になり、ある日突然、母が優しくなる。
    これまで母の絵をリビングに飾りたいとも
    言えなかったが、塔子が気に入った母の絵を
    母が快く飾ってくれたり。

  ・少年少女秘密基地(加納朋子)
    ボクとジンタンが見つけた秘密基地のお家。
    その家は、ちょっと危ない感じが…。
    女の子たちがよくおままごとをしていたので、
    危険を知らせようと、ジンタンとボクは考えた。

  ・心残り(篠田真由美)
    数えの13歳でお屋敷の方向に来た主人公。
    奥様の秘密を知り、隠し続けていた。

  --
  タイトル通り「隠す」ことに徹した内容の作品ばかり。
  かつ、すべての作品の中には共通の何かが
  隠されていました。
  ネタバレになりますが「赤い櫛(たぶん漆塗り)」です。


●「ブラック・ドッグ」 著者:葉真中顕  講談社 2016年6月
    <

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    目的のためには殺人も辞さない過激な
    動物愛護団体、“DOG”。
    遺棄動物の譲渡会とペット販売が
    行われるイベント会場に集まった隆平、
    栞、結愛と拓人たちは、“DOG”に
    よって会場に閉じ込められ、見たこと
    もない謎の黒い獣に襲われる。
    次々と食い殺されていく人間たち。
    獣から逃げるため、逃走を開始するが-。

  -----
  540ページという大作です。

  ペットや家畜に対する人間の考え方に警笛を
  鳴らすような作品。
  ペット業界の裏面や家畜であったら殺して
  食してもよいのか?
  人間が動物界のトップなのか!?

  描写はかなりグロいです。
  あと、葉真中さんならではの
  「おぉ~、そうだったのか。」という
  展開もあり。驚きは軽めだけど。


●「影裏」 著者:沼田真佑  文藝春秋 2017年7月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    第157回芥川賞受賞作。

    大きな崩壊を前に、目に映るものは何か。

    北緯39度。会社の出向で移り住んだ岩手の地で、
    ただひとり心を許したのが、同僚の日浅だった。
    ともに釣りをした日々に募る追憶と寂しさ。
    いつしか疎遠になった男のもう一つの顔に、
    「あの日」以後、触れることになるのだが……。

    樹々と川の彩りの中に、崩壊の予兆と人知れぬ
    思いを繊細に描き出す。

  -----
  読んだのは単行本ではなく
  雑誌「文藝春秋9月号」。

  あー、芥川賞という感じ。
  ゲイである主人公。
  釣りと会社の元同僚と震災と。
  でも、ドロドロとした感じはなく、さわやかな
  印象を受けました。
  岩手の渓流の描写が綺麗でした。

  とにかく、読めない漢字が多かった。
  水楢(みずなら)、魚籠(びく)、
  貪婪(どんらん)、
  鮠(”うぐい”とフリガナを振って
  いたけど、”ハヤ”)
  ちょっと読んだだけでもこれだけ出てきます。


●「俵万智 史上最強の三十一文字」 編者:河出書房新社編集部  河出書房新社 2017年6月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    『サラダ記念日』から30年!
    我が子、震災、恋…
    生きることの全てを謳う、今なお
    現代短歌のトップランナーである
    俵万智の大特集。

  -----
  大好きな俵万智さんのムック本。
  穂村弘さんとの対談があったり、
  著名な方々が俵さんの短歌について語っています。

  俵さん本人のことや俵さんの短歌について、
  これだけたくさんの方々に、語っていただける
  という偉大さに、ひれ伏してしまいます。
  さらに、俵さんについて、詳細に語れる方々に
  変な嫉妬心も抱いてしまいました。
  なんなのでしょうね、この気持ちは。


●「捨てられないTシャツ」 編者:都築響一  筑摩書房 2017年5月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    70枚のTシャツと、70とおりの物語。

  -----
  自分の捨てられないTシャツについて
  語っているのをまとめた本。
  性別、年齢、職業、出身地とだけしか書かれていない
  のですが、著名人も混ざっているらしい。
  普通の一般の方もいるが、その方が書いた文章も
  ほとんど直す必要がないくらいレベルの高い
  文章だったらしいです。

  思い出のTシャツ、捨てられないTシャツは
  ないな~。

  自分の来ていたTシャツより、大学時代に
  流行っていたピチTをよく着ていた友人の
  ことのほうが思いだされます。


●「「超」整理法 情報検索と発想の新システム」 著者:野口悠紀雄
  中央公論新社 1993年11月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    情報洪水のなかで書類や資料を保存し
    検索するには、従来の整理法では対処
    できない。本書は、「整理は分類」と
    いう伝統的な考えを覆し、
    「時間軸検索」という新しい発想から
    画期的な整理法を提案する。
    机の上は魔法のように片付き、
    「整理する時間がないほど忙しい」
    人に対する福音となるはずだ。
    さらに、パソコンを用いた情報管理体系、
    アイディア生産を支援するシステムなど、
    知的活動の生産性を高める新しい
    方法論を提案する。

  -----
  大学生の頃に買った本を再読。

  ワープロとか言葉自体やPCの容量など、
  この25年間近くで大きく変わったところは
  あるけど、”「超」整理法”自体は色あせないな
  と思います。

  学生時代はピンとこなかったけど、
  仕事の個人的な書類整理での活用は
  イメージができました。


●「成功者K」 著者:羽田圭介  河出書房新社 2017年3月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    芥川賞を受賞したKは、いきなり
    TVに出まくり、寄ってくるファンや
    友人女性と次々性交する。
    突如人生が変わってしまったKの運命は?
    芥川賞作家の超話題作。

  ----―
  実話なのか創作なのか。
  実話をもとに、一部、創作をしているという
  感じでしょうか。
  羽田さん、TVへ出まくりだし。
  羽田さんの中のよい、カトチエさんや
  翌年の芥川賞受賞作家がM(村田さんのこと)だったり。
  受賞すると、まぁ生活は一変するのでしょうね。


●「金融探偵」 著者:池井戸潤  徳間書店 2007年7月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    失業中の元銀行員・大原次郎は、
    再就職活動中に金融絡みの難題に
    ついて相談を受けた。
    これまでの経験と知識を生かし、
    怪事件を鮮やかに解決していく。
    出納記録だけの謎めいたノートの
    持ち主を推理するスリル満点の
    「誰のノート?」他全七篇。
    ミステリー連作集。

    【目次】
    銀行はやめたけど/プラスチックス/
    眼/誰のノート?/家計簿の謎/
    人事を尽くして/常連客

  ----―
  銀行の裏側を知っていることや失業中という
  状況から成り行き上で探偵的なことをすることに
  なった大原次郎。
  まあまあでした。


●「この世界の片隅に(上)」 2008年1月
 「この世界の片隅に(中)」 2008年7月
 「この世界の片隅に(上)」 2009年4月
 著者:こうの史代  双葉社
     
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    (上)平成の名作・ロングセラー
       「夕凪の街 桜の国」の第2弾ともいう
       べき本作。戦中の広島県の軍都、呉を
       舞台にした家族ドラマ。
       主人公、すずは広島市から呉へ嫁ぎ、
       新しい家族、新しい街、新しい世界に
       戸惑う。しかし、一日一日を確かに
       健気に生きていく…。
    (中)すずも北條家に嫁ぎあくせくしてる間に、
       ようやく呉の街にも馴染んできた。
       リンさんという友達もできた。
       夫婦ゲンカもする。しかし戦況は厳しく
       なり、配給も乏しく日々の生活に陰りが…。
       そして昭和20年3月、ついに呉の街にも
       大規模な空襲が!戦争という容赦のない
       暗雲の中、すずは、ただひたすら日々を
       誠実に生きていく。

    (下)昭和の戦中。広島市から軍都呉市に
       嫁いだすずは、不器用ながら北條家に
       徐々に溶け込み日々を過ごす。
       やがて戦争の暗雲が周囲を色濃く染めて
       いく。大空襲、原爆投下、終戦。
       歴史の酷い歯車が一人の女性の小さな
       世界をゆがませていく。そして…。
       読む者の心を揺さぶる最終巻!

  ----―
  はりゅが学校で借りてきてくれました。
  映画で有名になった作品、
  漫画では淡々と日々が過ぎていくような
  気がします。
  映画も見てみたいです。


●「やねの上の乳歯ちゃん」 著者:鳥居みゆき  文響社 2017年10月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    つるの剛士さん推薦!
    「子供たちが乳歯を投げる前に読ませます!」

    鳥居みゆき初の「子ども向け」絵本。

    まもるくんの口の中に住む、乳歯ちゃん。
    ある日突然、歯茎ちゃんと別れ、
    やねの上に飛ばされて……。

    歯が抜けるという「大人になる機会」を、
    乳歯の視点から見た、新しい成長物語。

  ----―
  子どもの時、上の歯は縁の下に、
  下の歯は屋根の上に投げたなぁ。

  現代の時事問題も入りながらの面白おかしい
  絵本です。


●「夏を喪くす」 著者:原田マハ  講談社 2012年10月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    範子-偶然目にした詩が、自分たちを
    捨てた父親の記憶を呼び起こした。
    陽菜子-意識不明の夫の口座に毎月
    お金を振りこみ続けていた人物と、
    ついに対面を。
    咲子-不倫と新たな恋。病気を告知され、
    自分の願いがはっきりわかる。
    麻理子-行方不明の親友と暮らしていた
    NYのアパートを、7年ぶりに訪れて。
    -その瞬間、4人の女性は何を決意した
    のか?『楽園のカンヴァス』で今年
    文芸界の話題をさらった女流作家の
    新星による、揺れ動く女性たちを描いた
    感動小説集。

    「なんだか、硬いね」ベッドで恋人が
    乳房の異変に気づいた。仕事と恋を謳歌する
    咲子の人生に暗雲が翳る。
    夫との冷えた関係に加え、急に遠ざかる
    不倫相手に呆然とする。夏の沖縄で四十歳を
    迎えた女性の転機を描く表題作「夏を喪くす」。
    揺れる女心の決意の瞬間を、注目作家が
    鮮烈に綴る中編集。

    【目次】
    天国の蠅/ごめん/夏を喪くす/最後の晩餐

  ----―
  2008年5月刊行の『ごめん』改題書。

  「天国の蠅」はどうしようもない父との思い出を
  娘が詩を雑誌した雑誌に掲載された詩で思いだす
  範子の話

  「ごめん」は恋人とバカンスに出かけた際中に
  夫が仕事で事故に合い、植物状態になる。
  夫が残した通帳に、毎月1万円ちょっとのふりこみが
  高知銀行の”オリヨウ”にされていることを知る。
  振込先を知るために高知に旅行をする陽菜子。

  「夏を喪くす」は
  「最近読んだ本一覧422」の
  「あなたは、誰かの大切な人」の
  「皿の上の孤独」の二人。

  「最後の晩餐」はNYでルームシェアをしていた
  友人が9.11を境にいなくなってしまった。
  ルームシェアをしていた部屋の家賃をずっと
  払い続けていた麻理子。


●「ランチ酒」 著者:原田ひ香  祥伝社 2017年11月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    犬森祥子の職業は「見守り屋」だ。
    営業時間は夜から朝まで。ワケありの
    客から依頼が入ると、人やペットなど、
    とにかく頼まれたものを寝ずの番で見守る。
    そんな祥子の唯一の贅沢は、仕事を
    終えた後の晩酌ならぬ「ランチ酒」。
    孤独を抱えて生きる客に思いを馳せ、
    離れて暮らす娘の幸せを願いながら、
    つかの間、最高のランチと酒に癒される。
    すれ違いのステーキとサングリア、
    怒りのから揚げ丼とハイボール、懐かしの
    オムライスと日本酒、別れの予感の
    アジフライと生ビール…今日も昼どき、
    最高のランチと至福の一杯!心を癒し、
    胃袋を刺激する絶品小説。

    【目次】
    武蔵小山 肉丼/中目黒 ラムチーズバーガー/
    丸の内 回転寿司/中野 焼き魚定食/
    阿倍野 刺身定食/御茶ノ水 牛タン/
    新宿 ソーセージ&クラウト/
    十条 肉骨茶/新丸子 サイコロステーキ/
    秋葉原 からあげ丼/新丸子リベンジ アジフライ/
    代官山 フレンチレストラン/房総半島 海鮮丼/
    不動前 うな重/秋葉原、再び とんかつ茶漬け/
    中野坂上 オムライス

  ----―
  離婚歴があり、婚家に小2の娘を置いてきて
  しまっていることが、すごく影を落としていて、
  陰気な感じがします。
  単純に美味しいランチを楽しめればよかったのです。


●「ショートショート・BAR」 著者:田丸雅智  光文社 2017年5月
    

  ~楽天ブックスの商品説明から引用~
    お洒落なBAR、ゴールドコースト、
    甲子園…巧みな舞台設定と絶妙なテンポが
    癖になる、新世代ショートショートの
    旗手による極上の21編!

    【目次】
    マイナ酒/霊鈴/妻の秘密/
    褒め殺し事件簿/あの人の手/洞窟の星/
    グチ清掃員/手縫いの堪忍袋/
    夜のマーケット/企画にララバイ/
    桜色の爪/手ぶらのキャンプ/
    甲子園の魔物/オーラの写真/螺旋の人/
    気球の熱/水玉/媚酒/真夏のクリスマス/
    裏口のゴンドラ/客が育てた

  ----―
  どの作品も秀逸です。
  最後にどんなオチが待っているのかを
  考えながら読むのが楽しみ。
  それに、たった数ページでオチをつけられるのが
  素晴らしいです。
  ショートショートを書ける作家さんは尊敬します。

  頭をすっきりさせてくれキレッキレにしてくれる
  「マイナ酒」、企画を寝かしてくれる推敲してくれる
  「企画にララバイ」。こういうのが好きです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.31

最近読んだ本(2017年まとめ)

2017年の読んだ本のまとめ。

・読んだ本の数:242冊
          (2011年:137冊、2012年:162冊、2013年:184冊、
           2014年:212冊、2015年:221冊、2016年:240冊)

・読んだページ数:64182ページ
           (2011年:39943ページ、2012年:56991ページ、
            2013年:51555ページ、2014年:61720ページ、
            2015年:60617ページ、2016年:63615ページ)

・月間平均冊数:20.1冊
           (2012年:13.5冊、2013年:15.3冊、
            2014年:17.6冊、2015年:18.4冊、
            2016年:20.0冊)

・月間平均ページ:5349ページ
           (2012年:4749ページ、2013年:4296ページ、
            2014年:5143ページ、2015年:5051ページ、
            2016年:5301ページ)

・一日平均ページ:175ページ
           (2012年:123ページ、2013年:141ページ、
            2014年:169ページ、2015年:166ページ、
            2016年:173ページ)


今年も、微増ではありますが、
ページ数、冊数ともにこれまで最高です。
よく読みました。
この位が限界の冊数ではないかと思います。


今年は小説はもちろん教養系、俳句、絵本、エッセイ、
写真集等多くの種類の本を読んだのではないかと
思います。

ことしの★★★の本は18冊。
昨年は26冊なので、少ないです。

そのうち、葉真中顕さんの「絶叫」が一番驚かされ、
さらに横関大「ピエロがいる街」に驚かされ、心暖かくさせられ、
直木賞の「蜂蜜と遠雷」に圧倒されました。
あと、図書館司書さんオススメの「居酒屋ぼったくりシリーズ」が
軽く読めて、お気に入りになりました。


今年は、益田ミリさん(13冊)と、
秋川滝美さん(居酒屋ぼったくりシリーズ)(7冊)、
宮崎駿さん(風の谷のナウシカ)(7冊)、
今野敏さん(6冊)が、
トップを占めています。


来年はどんな本に出会うことができるのでしょうか。
楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧