カテゴリー「旅行・地域」の148件の記事

2016.05.04

尾道へ。

5:00頃に目が覚めたのですが、
はりゅもさちょも寝ていたので二度寝。
らりばどは道の駅内で、TVを見ていたようです。
はりゅが起床し、外に出ようと車のロックを外すと警報が
鳴りだしました。らりばどは外からロックしていたのが原因です。
その音でビックリして目を覚ましました。

ご飯を食べてから、7:45頃に「道の駅みはら神明の里」を出発。
160504_01
尾道を目指します。

8:20頃に尾道市内に到着。

尾道駅
160504_02

千光寺に登るロープウェイが9:00運行開始なので、
それまで、尾道駅前から見えた尾道城を見学。
160504_03

個人が作った博物館的な建物で閉館していて、
中に入ることはできません。

近くに展望台があり、そこからの眺めが最高です。
160504_04

8:40頃に平地に戻り、コインパーキングに駐車。
ロープウェイ乗り場に向かいます。

8:50頃に「千光寺ロープウェイ乗り場」に到着。

すでにたくさんのお客さんが並んでいます。
(片道大人¥320、子ども¥160)
ホームに登るエレベーターに乗るのも待ち状態。
160504_05

無事にロープウェイに乗れ、ホームを見下ろす。
160504_06

ロープウェイの中から「千光寺」の本堂が見えます。
160504_07

ロープウェイで山頂まで登りると、「恋人の聖地」のモニュメント。
160504_08

展望台からの眺め。
日本遺産に認定されているという箱庭的都市。
しまなみ海道の橋も望めます。
160504_09

瀬戸内みかんソフトクリーム(¥300)
160504_11
160504_10

山頂から「文学のこみち」を下り、「千光寺」へ。

「鏡岩」
昔、玉の岩の宝珠または太陽、月の光を鏡のように反射
させていたと伝えられている。
160504_12

「千光寺」本堂

160504_13

「くさり山」
(登るのに大人¥100、子どもは無料だが、
子どものみで登るのは不可)
まりあ、はりゅ、さちょで登りました。
頂上からの景色は絶景。
160504_14
160504_15

「鼓岩(ポンポン岩)」
岩の上を槌で打つと「ポンポン」と鼓のような音が鳴ります。
160504_16
160504_17

さらに下って「天寧寺三重塔」。
160504_18

10:50頃に商店街まで下って、お昼はもちろん尾道ラーメン。
一番の目当ての「朱華園」は11:00開店だという
のにも関わらず、すでに長蛇の列。
160504_19

5、60人の人は並んでいるでしょうか。
一旦、列に並び、らりばどに別の店の偵察に行ってもらいました。

「つたふじ本店」(10席)を「壱番館」(36席)の
2店はそれぞれ20人強の列。
二手に分かれ、早く入れた方のお店に入ることにしました。

つたふじに並ぶ人
160504_20

12:00 約1時間待ち、お店の広い「壱番館」に入れることに。
160504_21

ラーメン(¥580)と大盛り(¥730)をいただきました。
160504_22

福山SAは細麺だったのですが、平打ち麺。
福山SAの方がとんこつ味が強く、壱番館の方が
あっさりしています。
でも、背油はたっぷりです。
160504_23

美味しいわ~~。幸せ。


12:30頃に壱番館を出て、商店街をウロウロ。
お土産屋「おのみちええもん屋」でお土産とおやつを購入。

チャイダー(¥270)
お茶味のサイダー
160504_24


レモンケーキ(¥230)
子どものときに食べたことにある懐かしい味。
160504_25

はっさく大福
白あんとはっさくが入っています。
160504_26


ホントに食べてばっかり。

13:00頃に自宅に向けて移動開始。
ちなみにここまで。まりあがすべて運転。

福山西ICで高速に乗る予定がらりばどが道を間違え、
福山東ICから高速に乗ることに。
福山市内を抜けることになったので、福山城を
カメラにおさめました。
160504_27

14:00過ぎに 福山東ICから高速に乗り、道口PAに寄ったのですが、
ここで今回の旅で最大のアクシデント。
160504_28

まりあが車に乗り込もうと助手席のドアを開けたとき
突風でドアが大きく開き、隣の車に傷をつけてしまいました。
保険会社にTELして、警察に現場検証をしてもらって、
相手さんと連絡先を交換して。。。
PAを出発できたのは、15:35頃でした。

途中、豊浜SA休憩して、自宅に戻りました。


今回は本当にいろんなことがありました。
店が定休日だったり、閉店していたり、
さちょがドアで指をはさんだり、遊具から落ちたり、夜中に足が痛くて泣いたり。
車のドアも痛かったです。

でも、とにかく食に恵まれていました。
美味しいものばかり食べられて、文句なしです。

本当にお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.03

世羅高原、呉へ。

5:00頃にさちょのトイレで起床
戻ってきたときに、さちょが車のドアで
指を挟んでしまいました。
痛がってはいたのですが、大事にならずによかったです。

「道の駅世羅」を出発して、20分もかからないうちに
「世羅高原農場」に到着。
曇り空で寒い。風も強い。
まりあのの格好も冬仕様です。


8:00に世羅高原農場が開園。
(大人¥700、子ども¥400)
160503_01
160503_02


園内に入ってすぐ、放射線状に色分けされた
チューリップが目に入ってきます。
綺麗~~~~。

園内の中央には風車の形をした展望台もあり、
園内のチューリップを見渡せます。
160503_03


色とりどりの花。
すばらしい眺めです。
160503_04
160503_05
160503_06
これでお天気が良かったら最高なんですが、
まぁ、雨に降られなかっただけ幸せです。

子どもにはスタンプラリーが用意されていて
全部のスタンプ(3つだけですが)集めると
チューリップを球根ごと1本もらえます。

ただし、自分で掘らなくてはなりません。
はりゅは白、さちょは赤の花を選びました。
160503_07

土も一緒に入れて、水で湿らせていたのですが、
高温の車内にずっと置いていたので、自宅に
戻ったとき、花は10日位経過した様
になっていました。

はりゅの友だちや会社の同僚用にクッキーを
買いました。
160503_08


9:30頃に「世羅高原農場」を出発。
次に向かったのは、「せら夢公園」。
広大な土地に遊具やワイナリーがあります。

「せらワイナリー」入口
160503_09

ここで、会社の先輩と自宅用にワインを買いました。
160503_10


遊具のある公園
160503_11

ここで、はりゅとさちょが遊んでいたのですが、
さちょが遊具から落ち、頭を打った様子。
これを機に、この公園を出発することにしました。

11:00頃に公園を出発、呉に向けて移動開始。
高速は使わなくても、新しい自動車道ができていて、
結構、楽な運転で到着できました。


12:30頃に呉市内到着し、コインパーキングに駐車。
B級グルメの呉冷麺を食べたくてお昼の目的地「珍来軒」へ。
160503_12
しかし定休日。

では、次の目的地「メロンパン」屋さんへ。
呉のメロンパンはラグビーボールのような形をしていて
中はカスタードクリームでずっしり重いそう。

しかーーーし、ここは閉店していて近くの「福屋」の5Fで
販売しているそう。

とにかくお腹がすいたので、「自由軒」へ。
ここは、海軍メニューのお料理が食べられる洋食屋さんで、
戦艦大和オムライスを食べることが出来ます。
160503_13
160503_14


お店に着くと、3組くらいが待っていました。

らりばどとさちょに待ってもらっている間に、
まりあとはりゅで「福屋」へメロンパンを買いに行きました。
しかーーし、今日は本店が臨時休業で入荷なしとのこと。
泣く泣くあきらめました。

「自由軒」に戻ると、もう少しで自分達の番。
これまでの不運が幸いしたのか、材料切れで
ランチタイムの最後のお客さんになることができました。
(後ろに並んでいた方々はかわいそう。)

戦艦大和のオムライス(デミ) ¥1000
あっさりとしたデミグラスソース。
160503_15

戦艦大和のオムライス(ケチャップ) ¥800
昔ながらの味で、鶏肉がゴロゴロ。
160503_16

いずれもおいしゅうございました。


メロンパンを買えなかったこともあり、
クリームパイが有名という「エーデルワイス」という
ケーキ屋さんへ。(駐車場の目の前)
160503_17
160503_18

クリームパイ(¥378)
甘くておいしい。

さーて、お腹が満たされた後は、
第2の目的地「大和ミュージアム」へ。

距離的には近いのですが、あいにくの雨で
観光客が多いのか、渋滞がひどい。
ミュージアムの駐車場は満車で、呉駅近くの
駐車場まで戻り、車を止めました。

14:40頃に「大和ミュージアム」に到着。
 (大人¥500、子ども¥200常設展示のみ)
160503_19

とにかくすごい数のお客さん。
展示をゆっくり見ることはできないので、
自分が気になる回天の展示のところだけ、じっくり見ました。
心が痛いです。

もちろん戦艦大和の模型は圧巻。
160503_20

ゼロ戦の展示もありました。
最上階に科学館にもあるような体験型の施設「船を作る技術」
があり、子どもらはここで遊びたくてしようがない。
後で再度来る事を約束して、


次に「てつのくじら館(海上自衛隊呉資料館)」へ。
160503_21
160503_22

海上自衛隊のこれまでの活躍や潜水艦の内部を見学すること
ができます。
160503_23

戦後の魚雷の除去作業には頭が下がります。


再び、「大和ミュージアム」へ。
ここで、17:30位まで、子どもらが遊びました。

18:00前になり、お腹もすいてきたので、
呉駅近くの海軍カレーや呉名物・細うどんが食べられるお店
「りゅう」へ。
160503_24

お昼に食べられなかった呉冷麺(¥680)と
海軍カレー(¥850)をいただきました。
160503_25
160503_26

呉冷麺は酸味を抑えたスープで仙台冷麺のようなコシの
あるプリプリ麺。
むせるようなことはなく、美味しいです。
160503_28


海軍カレーは、エビやイカ、タコ、アサリなどが
ゴロゴロ入ったシーフードカレー。
160503_27

これまであんまり好き好んでシーフードカレーを食べたことが
なかったので、目から鱗。
こんなに美味しいとは。こちらも尾道ラーメン同様に
なめてました。

いずれも本当に美味しかったです。また食べたいです。


18:30頃に駐車場から車を出し、移動開始。
元々は3日中に自宅に戻るつもりだったのですが、
もう1泊しようということに。
尾道に寄って帰ろうということになり、宿泊先は
尾道近くの三原市の「道の駅みはら神明の里」に決定。

呉ICから高速に乗り、三原久井ICで降り、それから
山越えのくねくね道を運転。
つづら折りの道で、霧もあり、かなり慎重に運転しました。

20:30頃に「道の駅みはら神明の里」に到着。
駐車場は車でいっぱい。
こんなに車中泊をする人がいるものかと。
道の駅の場所を確認できたので、夜食を買いに、コンビニへ。
昨晩同様に、らりばどは晩酌です。

22:00前には寝始めたのですが、
22:30頃からさちょは左足の膝から下をすごく
痛がり始めました。
「痛い、痛い、病院へ行く~~。」と大泣きです。
腫れている様子もないし、怪我をしている様子もないのですが、
らりばどが病院を探せというので、子ども救急ダイヤルに電話を
しました。#8000番に電話をすると、広島の相談所に
電話がつながりました。すごい!!

さちょの状態を説明し、三原市医師会の夜間休日診療所(外科)と
尾道市内のJA尾道総合病院(小児科)を紹介してもらいました。
三原医師会にTELすると、子どもは診れないとのこと。
次にJA尾道総合病院にTELし、受けいれてもらうように
調整をしました。
しかし、TELをしている間にさちょが寝入ってしまったので、
病院に行かずに様子見することに。
その後、何事もなく朝を迎えられたので良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.02

さちょ遠足&広島に向けて出発

今日は、こどもらはカレンダー通りに学校。
1~5年生は徒歩でわんぱーくこうちへ遠足です。
6年生は修学旅行があるので、普通の授業。

さちょの遠足弁当は、一番のお気に入りの
ペンギン弁当です。
これしかリクエストがありません。

160502_01

ペンギンにデコした昆布入りのおにぎり。
卵焼き、ソーセー人、ウィンナー、ブロックに形の魚肉ハム、
もやしとにらの炒め物、サワラの南蛮漬けというメニューです。


はりゅは、給食がないので、家から、米1合と卵1個を持って
登校。
2時間かけて、自分達のお昼ご飯を作る調理実習です。
ご飯を炊いて、おにぎりを作り、
厚焼き玉子を作り、先生が用意してくれた野菜で
野菜炒めを作ったそうです。
なんか、楽しそうです。


子どもらが帰宅後、お風呂に入ってから広島に向けて出発。
今回の旅行は車中泊の予定です。
16:30頃に家を出て、福山SAで夕食。
160502_02


ここで食べた尾道ラーメンが美味!!
年間30万食が売れるそう。
160502_03


正直、尾道ラーメンをなめてました。
こんなに美味しいとは!

あと福山SAで人気で、週末には売り切れ必至という
デニッシュバーも購入。
シュガーとマカダニアの2本。
160502_04

これも美味しい。

福山SAを出発して世羅ICで降り、
道の駅世羅へ。
160502_05

明日、世羅高原農場に行く予定なので、
最寄りの車中泊場所になります。

20:00頃に到着したので、下見に世羅高原農場まで。
真っ暗な山の中なので、星が綺麗に見えます。
プラネタリウムのようでした。

コンビニで夜食を買い、再び、道の駅に戻り、
らりばどは晩酌。

道の駅だと、たくさんの車中泊の人がいるので
安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.29

「桐野伴明の世界と文学の旅」と「雪ノ下」

今日は大好きな写真家さんの展示会初日。
高知県立文学館で始まった
「桐野伴明の世界と文学の旅」。

らりばども一緒に行ってくれるというので、
昼から二人でバスに乗って出かけました。
飲み会以外で路線バスに乗って、2人で出かけるのは
おそらく初めて。
バスデートです。

4月から始まった高知のバスロケシステム
「バスこっち」を利用。どこをバスが走っているのか分かるので
便利。

お天気もいいので、歩くのも快適です。

高知県立文学館に到着。
160429_01

160429_02

桐野先生の世界を満喫。
桐野先生の全国各地の写真と、各都道府県を舞台にした
本の紹介コーナーと、桜のなどの写真と
短歌を融合させた展示がすばらしかったです。


その後、らりばどと町中をブラブラ。
ひろめに行ったり、金高堂に寄ってみたり。
アイスクリームを食べたいということになり、
ちょっと足を延ばして移転した「雪ノ下」へ。
若い女性のお客さんがほとんど。

らりばどがお店に似合いません。(笑)
いつも間にこんなにおじさんになってしまったのか。

らりばどは、イチゴのかき氷。
160429_03

まりあは、発酵バターのパンケーキ。
160429_04

どっちも美味。
ここのパンケーキはやっぱり美味しい。
自分で作ったホットケーキは別物に思います。

それから再び、ひろめ市場へ。
夕食用にひろめ揚げを大量に買い、
帰りはバスに乗らず、ふたりでおしゃべりしながら
テコテコと歩いて帰宅。
30分くらい歩きました。

とても楽しい充実したGW初日でした。

ちなみに、はりゅは午前中は友人と市営プール、
午後は、その友達がウチに来て、一緒に勉強を
していました。
さちょは、昼から近所の友達とずっと遊んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.02

仁淀川桜巡り第二弾

仁淀川町のひょうたん桜や中越家のしだれ桜が
満開を迎えたという情報を仁淀川町の観光協会のHPで
入手し、今週も仁淀川町へ。

朝:5:30に起きて、子どもらを起こして、5:45に自宅を
出発。
らりばどは最近、仕事が忙しくて、寝たいというので、
一人でお留守番です。

7:00頃に市川家に到着

散り始めている市川家のしだれ桜。
160402_01
先週来た時に、男性カメラマンが1週間後には真っ白になると
言っていました。
確かに、花がピンクから白っぽく変わっています。

それから一番期待の中越家へ。

160402_02

7:15頃に到着。
すでに5人くらいのカメラマンがスタンバイして
光待ちでした。

曇り空だったので、綺麗な青空ではなったのですが、
人の写っていない写真を撮れてよかったです。

160402_03

それから大石家に移動。
こちらの桜も満開です。

160402_04

大石家と周辺の桜、山にかかっている霧がいい感じです。
160402_05


これから桜地区へ移動。
ひょうたん桜
8:20頃に到着したのですが、
すでに多くの花見客が。
スタンバっているカメラの数もすごかったです。
160402_06

さちょがしだれ桜の帰りから頭痛と腹痛を訴え、
陽佳は車酔い。

急いで家に帰り、9:40には到着することができました。


番外編
しだれ桜からの帰り道で、引地橋の手前。
高知写真家・桐野伴秋さんの写真集にあったスポット。
160402_07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.26

仁淀川町桜巡り

2/11の秋葉祭りに行って以来、仁淀川町のファンに
なってしまったまりあ。

仁淀川町観光協会のHPで、市川家のさくらが8分咲きという
情報を入手し、いてもたってもいられなくなり、
はりゅとさちょを連れて見に行くことにしました。
(らりばどは、連日の仕事疲れと、金曜日夜に大事な
飲み会があったし、昼から出勤なので、無理。)


朝、5:30起きで身支度をして、(というか子どもらを起こすのに
時間がかかった。)6:00頃に家を出発。
2月に比べ、明るくなった道を西へ進みます。

途中、伊野の枝川から波川に向ける新しいバイパスを
初めて通りました。
伊野の町中を通らなくていいので、かなり快適。
時間短縮が図れました。

まずは、一番の目的の市川家へまっしぐら。
到着したのは7:30頃でした。

すでに、大阪から写真を撮りに来たという男性がいました。

160226_02

160226_01

もう、満開に近い状態。
とても綺麗で、見事としか言いようがない。

その後、桂浜から写真を取りに来たという男性とお話
させてもらい、次は、第二の目的地、中越家へ。

160226_04

160226_03

中越家のしだれ桜の開花予定日は4/2頃。
まだまだつぼみの状態ですが、
木全体がほんのりピンクで、これだけでも綺麗。
空の青さと、ほんのりピンクと畑に咲いている
菜の花の色の組み合わせが美しいです。


続いて、中腹にある大石家へ。
160226_05

1分咲きといったところでしょうか。
庭先で鳥にピーナッツをあげていた町長さんと
少しお話させてもらいました。
手に乗せたピーナッツを鳥が食べにくるそうです。
仁淀の自然はすばらしい。

160226_06
大石家を眺める。


続いて、高知市内方面に車を走らせ、桜地区のひょうたん桜へ。
前々から来たい、来たいと思っていて、やっと願いを叶えることが
できました。

160226_09

朝が早かったし、桜の咲き具合もまだ1、2分咲きといったところで、
見物人は少なかったです。


りっぱな木。
こんなにりっぱな木だとは思っていなかったので、
大きさに驚きました。
この木を保護している地域のみなさんに頭が下がる思いです。


売店は開いていて、おでんやおうどんなどをいただくことができます。
おでんをいただき、
桜ゼリーをお土産に買いました。
160226_07

さらに売店奥のお饅頭をつくっている奥様達が。。。
なんと、かまどで薪を燃やして蒸されています。

これは食べなければと思い、購入。
さくらとよもぎと黒糖です。
160226_08


帰路は登ってきた道とはちがう439号線へ出る山道を
降ります。
439号線へ出る道のすぐ手前の「長屋大橋」のたもとの
ひょうたん桜が満開で、橋の下に沈下橋が見えます。
160226_11

桜の木の下に、菜の花が咲き、
沈下橋との組み合わせが最高です。
160226_10

はりゅは引地橋のおでんを食べたかったようですが、
店の前を通ったのが9:00前だったので
食べられず。
でも桜地区でおでんを食べられたので、満足を
してました。

それから真っ直ぐ帰宅。
家に着いたのは11:00ちょっと前でした。

とっても充実した半日でした。
また行きたいです。

P.S.おまんじゅうもおいしかったし、桜ゼリーもおいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.11

秋葉祭り

前々から一度は行ってみたいと思っていたちょは
仁淀川町の「秋葉祭り」。
今年は、雪もなく暖かそうで、お天気よいとの
ことだったので、行ってみる事にしました。

家族に声をかけると、
はりゅは「ん~~、いいや。」と。
らりばどは風邪気味ということもあり、はりゅと二人でお留守番。
さちょは「一緒に行く~~!」と元気よく行ってくれたので、
二人でデートすることになりました。


早くに行かないと、渋滞に巻き込まれるという話と
祭りの事を掲載していたHPで7:00頃には駐車場に
車が入り始めますという情報を元に、
7:00頃に到着を目指して、5:00起床。
家を5:20頃に出発しました。

途中、さちょのトイレ休憩をコンビニでして、
現地に到着したのが、明るくなり始めた7:00頃でした。
すでに、近い方の駐車場から埋まり始めていました。


自分達が車を停めた場所から徒歩で、バス駐車場にも
なっていて、本部が構えられている広場へ。
町内の地場産品や手造りの食べ物、テキ屋のお店が
準備を進めていました。
160211_01

まず、下見を兼ね、練りの道を歩いて、秋葉神社を目指しました。

大石家に寄って、それから、法泉寺へ。
法泉寺ではちょうど本村組の出立に立ち会うことが
できました。

さちょは、先払い役の鬼のようなお面をした
鼻高に頭をなでてもらいました。
さちょは何と答えたらいいのかわからなかったのか、
頭を下げて会釈をしました。
対応がすっかりお兄ちゃんになってきたなぁ。

みんなで記念撮影をして、子ども達の太刀踊り、
鳥毛ひねりを披露。

初めて見る鳥毛ひねり。
長さ7mもある大毛槍を投げ、それを受け取るという
大技に思わず「おおぉぉ~。」と感嘆の声が漏れました。

鳥毛役の男性は若く、イケメン。
顔で選んでいるのでは?と思うほど、
格好良く見えます。

本村組はそれから出発地点の岩屋神社を目指し、
山を下っていきました。

それから二人で、山を登り、今度は中越家へ。
しだれ桜で有名な場所です。
3月には是非、この桜を見に来たいです。

中越家を過ぎ、さらに山を登り、やっと秋葉神社へ。
160211_02

神社の横には、周りが石段になっている広場があり、
そこからお祭りの様子を見ることができるように
なっているようで、8:00位の時点で、
すでにシートを敷いて場所取りをしている人も
いました。

神社の下の道端には、テキ屋のお店も並び、
食べ物調達も問題なし。


大石家辺りで練りの様子を見学したくて、
一旦下に降りることに、駐車場から神社近くまでの
巡回バスが運行されていて、それに乗って、
下に降りました。

広場で、店支度ができたばかりの玉子焼をテキ屋で購入。
周りはカリっ、中身はふわっとしていて、
これまでの人生で食べた玉子焼で一番おいしかったです。

本部の前でドラム缶で火を焚いていて、
そこで温まっていたら、さちょが再び神社へ上がると。

まだまだ、先は長く、気力は残しておきたいので、
また、巡回バスに乗り、神社へ。

人がだんだんと増えてきて、場所取りをしている箇所も
増えてきたので、さちょの荷物と、ビニル袋で場所を確保。
まだこの時点で9:00頃。

神社の中では、小学生くらいのかわいい巫女さんたちが
お祈りをしていました。

神社で披露があるのが、14:30頃なので、
まだまだ。

神社の回りを散策していると、日陰には雪の塊が。
さちょが、ひとしきりその雪で遊び、
まりあは日向ぼっこをしていました。

とにかく時間をつぶし、12:00頃に石段に座っていたら、
土佐清水からバスツアーできたというご夫婦と
いろいろと話をすることに。
今年で3回目で、前は下の方で練りをみていたが、
ここで早くから来て陣取って待っているほうがいいとのこと。
一度来たらもう1回来たくなるとのこと。

奥さんがさちょにポッキーをくれました。
さちょは頭を下げながら「ありがとうございます。」と
これまたお兄ちゃんの対応。
嬉しく思いました。


さちょは、石段で待っていてもらい、まりあは神社の一つ前の
中越家の様子を見に行きました。
3組分の披露が終わるのになかなか時間がかかる。

中越家から練りが出発したのを見届けて、神社へ。
神社へ戻ると、見物人の数がすごいことに。

広場では油売りがひょうきんな動きや声で竹棒を売っていて、
さちょにせがまれ、1本買いました。
防火や災難除けになるお札みたいなものだと思います。
160211_03

油売りさんと記念撮影もしてもらいました。
とにかく人を笑わせる事に徹し、声も甲高い声しか
出すことができないという、一番しんどい役だそうです。

しばらくして、行列が到着。

勢いのあるお神輿や、お神輿が神社へ入れてもらう
ところなどを見学。

お神輿を担いでいる人は本当にすごい。
このテンションで朝からやっているのかと思うと
頭が下がります。

そして、待ちに待った鳥毛ひねり。
沢渡、霧之窪、本村の各組が順番に鳥毛ひねりと
子ども達の太刀踊りを披露します。

大毛槍についている房の色が組によって異なり、
沢渡が白、霧之窪が紫、本村が赤です。
鳥毛役の装束も若干違います。

160211_04

もう、とにかく格好いい。
ほれぼれしてしまいます。

3組の披露が終わり、子ども達の真剣を使った
太刀踊り。
ぱっさりと竹の棒が切れます。
子供達の練習も大変だろうなぁ。

隣に座っていた土佐清水のご夫婦とも、
「来年もまたこの辺りで」と再会を誓い
お別れ。
「また見たい!!」と思わせてくれるお祭りでした。

それから、沢渡組の世話役(?)の高校の友人を
見つけて会話。
やっぱり、朝から大変だと。

沢渡組の鳥毛役の兄ちゃんを見つけたので、
記念撮影をしてもらいました。
やっぱり格好いいわ。

本村組のお兄ちゃんとも記念写真を撮りたかったなぁ。

それから歩いて、駐車場まで。
途中、さちょとはぐれてしまい、
警察の人に見つけてもらいました。
生きた心地がしませんでした。

さちょとはぐれたおかげであまり車が混雑している頃に
駐車場を出るハメにならず、
余裕がある状態で車を動かすことができました。


無事に国道33号線に出て、
帰り道に中津渓谷のゆの森で温泉に入っていくことに
しました。
前日の新聞で、川がブルーの照明でライトアップされる
というのを見て、それも見てみたかったからです。

温泉は、お祭り帰りの人が多いのか、大混雑。
それでもちゃんとは入れて、ポカポカ状態。
外にでるとちょうどライトアップが綺麗に見え始め
幻想的な風景が広がっていました。

160211_05


18:30頃に家に向けて出発。
らりばどにTELすると、「まだ晩御飯を食べていない。」
ということだったので、家で夕食を食べる事に。

さちょは予想通り、途中で撃沈。
19:40頃にはお家にたどり着けました。

帰宅しても、お祭りの余韻でちょっと興奮状態。

さちょと3月にはしだれ桜を見に行こうと約束。
素敵な仁淀川町。
来年もまた、お祭りを見に行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.10

備前市日帰り旅行

お正月休みを明けての土曜日~月曜日3連休。
一日はどこかに遠出しようということになり、
前々から話題に上がっていた「カキオコ」を食べに行こうということ
になりました。
季節もちょうど牡蠣のシーズン。


6:20  自宅出発。
      ガゾリンを補給してから、
      高知ICから高速に乗りました。

7:20  豊浜SAに到着し、10分くらいトイレ休憩


9:05  備前ICで一般道へ降り、一路、備前市日生地区へ。

      最初は、「たまちゃん」というお店に行こうとしていたのですが、
      開店時間前よりかなり早くについてしまうので、
      「カキオコ」のお店をハシゴしようということになり、
      開店時間の早い「浜屋みっちゃん」に行くことにしました。

9:30  「浜屋みっちゃん」到着。
      160110_01_bizen

      大きな鉄板を囲むスタイルで、当時に8人くらいしか
      食べられません。

      すでに2組・4人のお客さんがいました。
      
      カキオコ(¥1000)とかきやき(¥800)を
      注文して、4人で分けて食べる事に。
      160110_02_bizen

      「カキオコ」は、生地はふっくらしてて、牡蠣はプリっ。
      はりゅも一口目に「おいしい~~!!」と。

      カキオコは普通のサイズでも大きい。
      まりあは、一人で一つは食べられません。

      160110_03_bizen

      160110_04_bizen

      「かきやき」はたっぷりの牡蠣をネギと一緒に
      焼いた品。
      牡蠣がプリップリッでめちゃくちゃ美味しい。

      10:05頃には、「みっちゃん」を出発。
      駐車場で他のカキオコのお店のお姉さんと
      ちょっと会話をしましたが、
      地元の人はカキオコはあまり食べず、
      カキフライで食べる事がおおいらしい。
      まぁ、名物というのはそういうものかもしれません。

      名物に旨い物なしというけど、
      カキオコは、絶品です。


10:15 「五味の市」へ。
      市場で、海の幸や野菜や果物が売られています。
      160110_05_bizen


      もちろん、市場には牡蠣がいっぱい。
      160110_07_bizen

      BBQセットを貸りて、市場で買った牡蠣を
      食べている人がたくさんいました。

      市場内には牡蠣の炊き込みご飯やフライなど
      たくさんの食べ物が。
      牡蠣フライソフトクリームなるものもあり、
      食べたかったけど、カキオコで満腹だったのと、
      ちょっと寒かったので、断念。
      160110_06_bizen

      市場の周りには、牡蠣の養殖用に使うと思われる
      ホタテの貝殻とつなげたものがたくさん積み上げられて
      いました。
      160110_08_bizen

      「五味の市」は10:40位に出発。

10:45 「みなとの見える丘公園」へ。
      瀬戸内海を見渡せる日生地区の山の上にある公園です。
      15分くらい滞在。

      幸福(しあわせ)の鐘
      160110_09_bizen

      160110_10_bizen


      みなとの見える丘公園から日生大橋が見えます。
      160110_11_bizen

      160110_12_bizen

      一番奥に見えるのは小豆島。
      160110_13_bizen


      それから、平成27年3月に完成したという
      鹿久居島と本州をつなぐ「日生大橋」を渡り、
      160110_14_bizen

      鹿久居島をちょっとドライブ。
      古代体験ができる施設があるとのことでしたが、
      現在休業中でした。

11:30 「たまちゃん」に向かう途中にある
      「日生運動公園」の遊具で30分くらい遊びました。
      160110_15_bizen


12:10 「たまちゃん」に到着。
      すごいお客さんの数で、2時間待ちという。
      断念して、次の目的地へ。

13:00 「備前おさふね刀剣の里」に到着。
      160110_16_bizen

      160110_17_bizen

      備前長船の刀に関する博物館で、
      刀の展示、備前長船鍛刀場や各種作業工程の工房
      があります。
      (入館料大人¥500)
      160110_18_bizen

      ちょうど、毎月日曜日には古式鍛錬の作業を
      公開していて、玉鋼から不純物を取り除く鍛錬
      作業を見ることができました。
      160110_19_bizen

      鋼を打つと、飛び散る火花。
      「土佐塾」のCMが思いだされました。

      らりばどがいつもの展示館より、より時間を
      かけて見学し、14:30頃に出発。

14:50 鷹取醤油を訪問。
      「鷹取醤油醤房 燕来庵」
      160110_20_bizen

      1905年創業の老舗の醤油屋さん。
      醤油製品や備前焼の作品が売られています。
      お店の名前通り、店の軒下には
      ツバメの巣がたくさんありました。
      春になったらツバメがたくさん来るんでしようね。

      ここでは、「しょうゆソフト」と「ポン酢ソフト」が狙い。
      (各¥300)
      160110_21_bizen

      160110_22_bizen

      「しょうゆソフト」はほんのり甘く、
      「ポン酢ソフト」は柚子が効いていてさっぱり系。
      どっちもおいしいのですが、まりあとはりゅは「ポン酢ソフト」派。

      いろんな醤油が売られていますが、
      今月おすすめの「のり醤油」の試食で、
      山芋の短冊+のり醤油や焼きもち+のり醤油で
      ノックアウト。
      美味しい!!!
      1本買い求めました。
      160110_23_bizen


      あと、らりばど叔母へのお土産に
      「包」という和菓子を購入。
      もっちりした食感のお饅頭で、こちらも美味!
      160110_24_bizen

      15:15頃にまりあ運転で出発。

15:35 山陽ICから高速に乗り、高知に向けて出発。

      山陽ICに乗ったとき、北側の山のふもとに、
      大きな桃のオブジェが見えました。
      観光ガイドに書いていたガスタンクを桃に
      ペイントしたというものだと思います。

15:55 吉備SAで休憩。
      清水白桃ソフトクリーム(¥400)を食べました。
      ソフトクリームというよりジェラートに近い
      食感でした。
      口の中が桃一色に。
      160110_26_bizen
      160110_27_bizen


      やっぱりちょっとコワイ桃太郎像は健在。
      160110_25_bizen

16:40 鴻池SAに到着。
      ここでまりあかららりばどに運転を交代。

18:15 高知ICに到着。

      夕食を食べて帰ろうということになり、
      「座くろ」に行きましたが、休店日。
      愛宕の「びっくりどり」で鶏料理を満喫。

20:30 自宅到着。


「カキオコ」は大満足!!

牡蠣はやはり大人の味ということで、牡蠣自体は
子どもらにはまだまだでしたが、
まりあは、お好み焼きには「牡蠣」が欠かせません!と
いうくらいになりそう。
びっくりどりでも「カキフライ」を注文してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.12

コスモス祭りとオムライス

今日は朝から越知町のコスモスまつりに行きました。
はりゅは、お友達と遊ぶというので、お留守番。
段々と親についてきてくれなくなりそうです。

車が渋滞するのは目に見えていたので、
早めに家を出て越知町へ。
駐車場にもスムーズに停められてよかったです。

151012_01

今年のコスモスは綺麗!
背も高いし、申し分ない花です。


ファイティングドックスのストラックアウトのブースがあり、
ラシィナが手伝をしていました。
151012_02
右がラシィナ。

11:00前には、越知を出発。

途中で、日高村の村の駅ひだかに寄りました。
物産品がたくさん売られていて、今日だけ沢渡茶の大福の
試食販売がされていました。
JAL国内線のファーストクラスで採用されたという
大福です。
白あんの中に茶葉が入っていて、美味~。
151012_03


お昼になったので、最近有名になったオムライス街道の一つの
お店として紹介されている村の駅内の「ムラカフェひだか」で
ランチ。
151012_04


もちろん、オムライスをいただきました。
151012_05
ソースはデミグラスソースとケチャップが選べるので、
デミグラスソースをチョイスしました。

さちょが、「おいしぃぃ~~」と、バクバク
食べてしまいました。


あとはお買い物をしながら、家に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.23

中土佐でパークゴルフ

シルバーウィークの最終日はらりばどが仕事ということで
出かけるなら、今日しか残ってない。。。
朝からどこにでかけようかと模索していました、

新子の時期なので、中土佐に食べにいきたいけど、
それだけじゃなぁ、と思っていたところ、
パークゴルフができることを発見!
一日遊んでも大人500円、子ども250円はお得!

早速、お出かけをすることにしました。

9:25に自宅出発。

9:40にいのICから高速に乗り、中土佐ICへ。

久礼大正市場に到着したのが、10:20頃でした。
新子とタイメシをいただき、腹ごしらえ。
150922_01

150922_02

昼ご飯用の田舎寿司や天ぷらを買い込み、
「小草ふれあい公園」へ。


パークゴルフは中土佐町民以外なら、大人¥500、
子ども¥250、レンタルクラブ¥100で遊べます。
150922_03


コースはくろしおコースとしまんとコースの2コース。
まずは、しまんとコースから。総距離、473m、パー33でのコースです。

スコアは、以下の通り。
1位 らり  37
2位 まり  42
3位 さちょ 61
4位 はりゅ 68


ランチ休憩をはさんで、くろしおコースに挑戦。

1位     らり、まり  38
3位     さちょ 69
途中棄権 はりゅ 7ホールまでで45

はりゅは、あまりにも入らないので、途中ぶーたれていました。


2コースを回ったところで、ワールドカップ男子バレー
日本-ポーランド戦が始まりました。

まりはあゴルフそっちのけで、TVにかじりつき。
地元のおばあちゃん方と一緒に一喜一憂しながら
応援にしていました。
休憩所はミニ代々木体育館と化していました(笑)

1セット目は、世界王者からセットを奪うという快挙。
その後3セットを取られ、結果3-1でしたが、
いい試合でした。

そんな間、
らりばどとさちょは、
ひたすらコースを回り、練習に励んでいました。

はりゅとさちょがしまんとコースに挑戦したようで、
はりゅが48、さちょが52と、なかなか頑張っていました。


バレーの試合後、まりあとらりばどで、しまんとコースで勝負。
らりばどが33、まりあが39でした。
くやしい。

17:30頃に公園を出発。


途中で、風工房に寄り、いちごソフトを食べました。

18:00に中土佐ICから高速に乗り、高知方面へ。
土佐市のお店の寄って帰ろうと土佐ICで降りましたが
目的のお店は定休日。

さちょが寿司を食べたいというので寿司屋に寄って
みましたがいっぱい。

びっくりどりも駐車場がいっぱい。

最後、華珍園で、すごく待ちましたが、
美味しい中華を食べて帰路につきました。

はりゅは、小籠包に大感激。
大満足の顔をしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧